西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!

SANY0475.jpgセネガルの旅を終えた。
アフリカは、旅する度に違う顔を見せてくれる。

その根底には、人類が戻るべき姿、進むべき姿がアフリカの中にある。

そういう深いところに根があるので、その時の世界情勢や個人の状況によって
その時に必要なことをアフリカは見せてくれようとする。

アフリカと言う地域は、癒しの国々であり薬の国々なのである。

ルイ・アラゴンは「学ぶとは、誠実を胸に刻むもの」といったが、アフリカにおいて許容と忍耐が学ぶときに大切であることを毎回痛感させられる。

***tanba2.jpg



今回、タンバクンダでは、電池以外電気のない生活だった。
午前中に太鼓・ダンスクラスを行って午後暑くなってきたら自由時間。

夜は、焚き火を囲んでの歓談&ドンソ・ンゴニと歌の時間。

この焚火の時間は、一緒に連れていった希くんも大好きな時間でしたが

夜の光は、焚き火とロウソクと懐中電灯。

焚き火とロウソクの光は、なんとも心を穏やかにしてくれる。

エジソンが電球を発明したのは、130年ぐらい前。人類の歴史から見れば昨日のような話だ。それ以前10数万年、昼間は白く輝く太陽光のもとで働き、夜は、赤い夕陽からさらに赤い燃える明かりのもとで暮らしてきた。
専門家によると、「赤くほのかな光は、副交感神経を活動亢進させる『安らぎの光』」ということだそうだ。

 そして、もうひとつの光は、月と星。タンバクンダの星空は地球上で最も良く星の見える地域の一つに違いない。乾季の乾燥して塵や水蒸気の影響が殆どない、まして公害もない星空は、宇宙からのメッセージを遮るものが何も無い。星空を10分も見上げていると一つや二つ流れ星に出会う。しかも、願い事が3回言えそうなぐらい長い。

今回、ソゴニのセレモニを見た。これまで3回シチュエーションが違う場でみてきた。今回は、全く電気なし。ロウソクや焚き火などの光もなし。月明かりだけのセレモニーであった。
これが全く素晴らしく。月明かりだと、ソゴニの張り子の動物たちが本物のように見える。流石に月明かりだけだとビデオでは光量が不足して映ってませんでしたが、素晴らしい世界でした。よく、**のセレモニーは満月の夜に行うという説明を聞くことがあるが、満月というところに意味があるのではなく、満月でないと見えないということらしい。
tans.jpg

電気のない夜は、いわゆるエコだということを超えて、本来動物としての人間の有り様について語ってくれたような気がします。
 

スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今回は、初めての中東経由
羽田      ー 関空
関空      ー ドバイ
ドバイ     ー カサブランカ
カサブランカ ー ダカール

サービスがよいとうわさのエミレーツ。
預け荷物は、エコノミーでも30Kg

飛行機内 
行き 25時間30分
帰りは、20時間30分

ダカールは遠いね。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今回、セネガルに行くのは、
ジンベの生き字引と称されるほど西アフリカの音楽文化にくわしいマスタードラマ・
アブドゥライ・ジャキテ師のお見舞いのためだ。
お見舞いというより「願掛け」かな。

去年10月アメリカで一酸化炭素中毒で、
危篤状態になりました。奇跡的に命を取りとめたものの
一酸化炭素中毒ですのでCTで見るとかなり脳に損傷があったようです。

事故の直後は、
体もほとんど動かず、固有名詞や人の名前など思い出せないぐらい後遺症が深刻でした。
そんな中でも、リズムは正確に記憶しているというのには驚きました。


アメリカの人たちの献身的な働きで歩行器をつかって歩き、飛行機にも乗れるまで回復しました。

アブドゥライ・ジャキテ師は、ダカールに今月はじめに無事戻ったようです。
西洋医学的なリハビリをおこないながらアフリカ的なヒーリングがはじまって本格的な
回復が始まるスタート地点にようやくたったことを心から喜びたいと思います。

そして、今回のたびは、本格的な回復を祈願する旅です。
アブドゥライ師が入院中に日本人をタンバクンダに迎えることを心の張りにしていることを知り、旅を決めました。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
5回目のセネガル旅行
タンバクンダ詣で!!

準備が忙しくて、日記もかけない状態です。

今回は次男の希(のぞみ)をつれてのアフリカ。

子供を連れて行くと、違った視点でいろんな事をアフリカは提示してくれる。
前前回長男歩を連れて行ったときに実感しました。

アフリカは、誰の紹介で誰と行くかでいろんな顔を見せてくれます。


それはさておき

かばんや財布などの持ち物を新調しました。

僕の場合、普段身につけているものを取り替えると、取り替えた物の
ねたみなのか?失くすことが多く、しばらく注意が必要。
前々回は、財布をロスト。長男の黄熱病の注射を受けに行くとき
病院の受付でお金を払ったのに、駐車場を出るときに財布がなかった・・・・

その話を妻にしたら、失くすのはあんたの不注意、それは詭弁(きべん)と
一蹴された。
詭弁という言葉を久しぶりに聞いた、学生時いらいかも。

でも、やっぱり持ち物って心が宿りますよね。
交代の場合は供養でもすればよいのでしょうか。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
eeeert4.jpg昨日の新聞だったと思うが、日本の業者がフィリピンに極めて有害な廃棄物を輸出していることが報じられていた。日本やアメリカなどの工業的に進んだ国々が、監視体制の甘い工業的に遅れた国を「有害ごみ処分場」の標的にしている。数年前、西アフリカのコートジボアールでも同じようなことが明るみになった。このときは、埋め立てた有害物質が気化し、15人以上が亡くなった。表面化しないだけで、サリンのようなかなりやばい化学物質がそのような国々にお金をつかませて処理されている。そういうことを専門的に行う「産業マフィア」が存在するという。

 有害物質を処分される地は、遠い外国だけではない。今日本の各地で「核のごみ処理」をするための地を、お金のない自治体に金をちらつかせながら探されている。
 青森県の六ヶ所村の「核のゴミ処理施設」が本格稼動されようとしている。驚くことに、放射能を大気中、そして海中に放出するという。1回の放出濃度が、原子力発電所が出す放射能の濃度の1年分という。しかも、濃度の規制はないという話だ。日本原燃の説明だと大気中、海中に拡散するので問題はないという。まったく、昔の公害と同じ発想だ。公害が繰り返されようとしている。被害が出れば、化学物質以上にやばいことになるだろう。

 もし、この文を読んでそんなことが本当にあるのかと思った人は、いろいろ調べて考えてほしい。許せないと思った人は何ができるか調べて何かしてほしい。

 私が3度訪れたセネガルのタンバクンダには、ゴミ箱がない。ゴミの収集も焼却場もない。アフリカの田舎には、燃えないプラスティック・ビニールゴミがいっぱいです。

 そもそもアフリカの人たちの生活で出てきた不要物は、土に帰るか家畜が食べるかそのどちらかでした。人間の生活そのものが自然の食物連鎖に組み込まれていました。そんな生活が長かったところにビニールやプラスティックのように自然に帰らないものがアフリカにも増えてきました。それらが、時間がたってもなくならないという知識を現地の人は持っていません。

 そんな知識もないのかと笑ってはいけません。そういう僕たちも、処理できない化学物質や核のゴミをどこかに埋めるか、空気中か海中にまきちらすことしかできないのですから。深刻さからいくと僕たちのごみ問題のほうが規模も重要度も高い。そして僕らは、そんな大きな問題があることすらほとんど知らない。

アフリカの田舎で見せつけられたゴミの問題は、実は僕たち自身の問題であることを見える形で見せつけられた気がする
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
西アフリカの人たちの中には、動物の言葉がわかる人たちがいるらしい。西アフリカの人たちにとって太鼓のリズムは、言葉そのものなのでいろんな動物たちの言葉が太鼓に翻訳されているようだ。
 昔は、もっと野生の動物たちと人間の関係は近かったのかもしれない。

 ライオンのことをバンバラ語で「ワラ・バ」と発音します。ワラというのは、「正しい」という意味。ドラムクラスでたたき方があってると
「ワラ」とほめられます。「バ」というのは、大きいとか偉大という意味です。ライオンとは「偉大な正義」。そうです「勇者」という意味です。

 勇者のリズムそれは、ドゥヌン・バ。ドゥヌン・バのことを別名ワラ・バと呼ばれます。

 ダンスの振り付けの中にライオンのシッポを手で振る動作なんかもあります。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ドゥヌンバを楽しみのために演奏して踊るときは、女性は、ドン・バやン・ギリもしくはスグーのステップを使うことが多いとのこと。そのときに「お嬢さん、夜のブッシュを歩くとハイエナに襲われるから早くお帰りなさい。」という意味の歌が歌われることがあります。
 ドゥヌンバの本当セレモニのときは、女性は見ることも参加することもできません。そして、夜、ブッシュで行われるようです。歌の教えと符合します。

 ドゥヌンバは50数種類のリズムがあるといわれています。今まで何で区分されているか今までよくわからなかったのですが、今回ようやくわかりました。
 バンバラの人たちは、年代ごとに集団を作っています。この年齢集団は、10代20代というようなくくりよりもっと細かく50数種類になるそうです。その年齢集団にごとに対応したリズムがあるということです。年代によって力の出し方違うということでしょう。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
昨日は、日本で久しぶりのドゥヌン・バ。タンバクンダでは散々踊ったのですが、ドゥヌン・バはいまいち苦手。というか経験不足。
 僕の周りには女性が多いので得意としている人がいないということは大きな一因。

ドゥヌン・バは、男の踊り。アフリカ出身のダンスの先生の中には、ダンスに男踊りも女踊りもないという先生もいらっしゃいます。しかし、バンバラのカルチャにはきちんとあるようです。男の振りを女の人が踊って悪いということではないようですが、きちんとした場ではそういうことはしないそうです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
mi05694049.jpgセネガルといえばバオバブの木。バオバブの木はすべて使える。樹液は糊になり、葉っぱも薬になります。人々の涼む場所にもなるし、鳥たちの巣にもなる太っ腹で大きな木がバオバブ。

ダカール・タンバクンダ移動中カオラック手前で車がパンク。サバンナの荒野を探検して回るとバオバブの実が地上に落ちているのを発見!!

落ちて数日たっているのか中は乾燥。種の周りについている白い綿のような部分が食べれる果肉。

さて、どんな 味がするでしょう??

ちょっとラムネのような甘酸っぱい味でした。
なかなかおいしい。

あ、こんなもの拾って食べるからおなか壊すんだなきっと・・・・。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。