西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
台風でどうなることか思ったが
空気も、乾燥した秋の空気になって、暑くもなく寒くもなく
良い感じだった。

石巻チームは震災以来初めてのステージというか
初めて主だった人が集まった。

当然練習はしてないわけで・・・。

会場のみんなとウォルせドンをおどった。

椅子に座った人たちも手で振り付けたり、思い思いに楽しんでくれた。

毎年踊りに来てくれる人もいる。

ようやく、石巻チームの安否確認が終わったような気がした。

気持ちを開けあえる場で太鼓を叩いたり踊れたりすることは、ほんとうに楽しい。
みんな、ありがとう。


次は、まだまだ、復興途中の石巻の町の中でのトリコローレ音楽祭9月25日

いろいろとあるが、がんばろう
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
東日本大震災の復興を願う夏祭りということで
震災以来はじめて石巻でジンベを叩いた。

数年ぶりに合うメンバーもいたり、なんか懐かしい気分。
日和山の会場からは、まだまだ津浪の跡生めかしい瓦礫の山。

今回のお客さんはおっさん(失礼)密度がものすごい高かった。
いつもとは違う不思議な乗りでみんな楽しんでくれた。

リアルおっさんで、「おっさんたぬきがスタスタ逃げた」やればよかったなぁ。
(すいませんわからにネタで)

予定では、何曲か演奏してからみんなで太鼓を叩こうと思っていたのですが、
おっさんオーラは「太鼓叩きたイー」という光線で、あとはみんなで太鼓叩いたり
おどったりで、ほんとうに楽しかった。

それにしても久しぶりに熱い太陽の光でした。

事前何をやるか打ち合わせもなしに、そのばその場で対応できる
石巻・アフリカン・ジンベのメンバーに本当感謝。

石巻高校のトレーニング室に避難している皆さんは、ダンボールで仕切られない避難所を心がけているそうです。開きあえるおとなり関係。昭和のはじめのような関係は今でも必要かもしれませんね。


翌日のアショカのワークショップは途中から4人乱入。叩いたことがないというので
それまでやってたことを切り上げて、ティリバ。
スピードは遅いがグルーブがツボにハマった。

こうなると、止めるのはもったいない。

プリース オープンハート
みんなで集まって叩くということだけでもほんとうに楽しいなと思った2日間でした。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
復活 Revival東日本大震災チャリティーイベントということで
7月17日に大阪で西アフリカのジンベの文化を愛好する人たちでイベントを行ったということだ。

出演アーティスト (順不同)

HamanaH
Bachikondooo
KGC
nager la brasse(ナジェ ラ ブラス)
横沢道治
FOLIKAN
東京ナンガデフ
ちんどん商会
PESE PESE (ペセペセ)

すごいですね。

公式掲示板
http://www.fukkatsu-revival.com/index.cgi?


そして、「東北の地方の各音楽グループが被災地で音楽活などをする資金として使用し、音楽の力で東北地方の被災にあわれた方に元気を取り戻してもらいたい」
ということで、

主催者の檜垣さんが大阪から直接、宮城県におとづれてくれた。
受け取るべきかどうか少し迷ったのですが、
おおくの出演者の皆さんや義援金を寄せられた方の気持ちを受け取って
音楽という形で、みんなに再分配するのが一番良いことだと思い。お心遣いをいただきました。

****

同じ日のよるとっておきの音楽祭 東松島のうちあわせがあった。
東松島も津波の被害がすごかった。打ち合わせでも、もしもの場合「この場所逃げましょう」というように津波・地震対策も抜かりがない。

実行委員会も全員被災生活それでも「音楽の力」はみんなを明るくするに違いないと
実施を決めた。

石巻ドゥヌン 二 ドンは30分のステージの枠を発表ではなく「アフリカンダンスワークショップ」という名で、会場に集まったみんなで踊ろうと思っています。ウォルセ・ドン 奴隷解放のダンスをやろうと思っています。

9月4日11時30分から東松島ICおりてすぐのロックタウンが会場です。

ぜひ、踊りに来て東松島を勇気づけてください。まだまだたくさん困った事があるのですがその鉄鎖から解放された30分間になればと思います。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今日は、台風の余波で大雨。近くの水路があふれそうなのを見ると、ちょっと心が重い。自宅に帰りニュースを見ると仙台市内で幹線道路水没。車が立ち往生。映像を見ただけでちょっと泣きそうになる。津波に直接あったわけではないがやはり津波の影響だろうか・・・。

先週、毎年恒例の長野県の木曽での合宿に参加した。
今年は、開かれないかもとおもっていたのですが、震災にあった仙台チームのために開いていただいた。

木曽まで仙台から車で7時間。sanaeさんとMさんと3人運転を交代しながら向かった。
宮城関係8人参加。

宿舎の駒王からみえる木曽駒ヶ岳は、いつもより雪が少なめ。
kisokoma11.jpg

今回は、駒ケ岳をゆっくり見ながら風呂三昧。ダンスやドラムで心と体を温めながらの休息。

 ゆっくリしてみると、ありとあらゆる部分が疲れているということに気が付きました。

関西のみんなからも、笑わかし(わらかし?方言は表記がびみょうだ)グッズをいただきました。


宿題もたっぷりいただきましたが、各地の方々からほんとうに癒された3日間でした。

みなさんありがとう

ontakezin.jpg
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
あの震災から2ヶ月。

桜が咲き、そして散って、去年来たツバメたちが戻ってくる
季節になりました。

ツバメたちも様変わりした東北の地を見てびっくりしただろう。
あの日は、寒かった。雪がちらついた天気でした。
本当に大きな災害だった。戦争であっても、わずか数時間で、これほど広い地域が壊滅的な状況なるということはないだろう。



あの日以来、いろんな行列ができた。
食料品を求め
水を求め
ガソリンを求め

で、いまは、
通学のためのバスの行列。電車が止まっているからだ。
車で30分ほどの石巻まで、息子は2時間以上かかる。
始発のバスに乗っても遅刻。バスに乗れればよいが乗れなければ次のバス。
そのバスも30分後 1時間後

人が並んでいるわけではありませんが
墓石屋さんも修繕900人待ち・・・。

その他見えない行列が続く。

電気を買うために行列するわけに行かないが
この夏は電力不足が心配されている。

でも、電気も限りがあるということがみんなの認識になってよかったかもしれない。


原発事故の地域は、あいかわらず時間が止まっている。
一旦事故が起こるととんでもないことになることが、よくわかったと思う。
僕は原発に反対の立場で生きて30年。いろんな原発建設に反対してきたが、結構周りは冷ややかだった。「電気が、なければ大変」とか「地元の雇用につながる」とかもおおかった。しかし、六ヶ所村でもそうだったが、「反対なのは、分かるけれど、どうせ造られるのでしょ」という声がかなり多かった。
 あきらめず、反対の立場にたっていてよかった。今、想定外と国と電力会社がいっていることのほとんど「そういう事が起こる」と僕は知っていたし、原発の危険性を指摘した人たちにとってみれば、まさにそのことを指摘してきたのだ。胸をはって想定外ではないと言える。

浜岡原発が止まることは、良いことだ。立地的には、世界で一番危ない原発だ。津波だけでなくそもそも震源域の上にあるのだから、津波の被害だけではすまない。

この震災に心を寄せてくださった方々に心から御礼を申し上げます。

ありがとうございます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
hee君やsanaeさんMさん、そして参加者のみなさんのおかげで
2011年4月27日震災後初めてドラムとダンスを一緒に楽しむ場を実現することができた。

ただ演奏したい、踊りたい、ともに時間を共有したい。そこには、なんの野心もない、素直な心が集まった場でありました。みんなリズムが好きなんだね。

この震災のショックで、演奏する気が起きないドラマーの人たちや踊る気がおこらないダンサも周りにいます。それはそれでしょうがないことだとおもいます。

アブドゥライ・ジャキテ師はいつも言ってました。心を開かないと太鼓を演奏することができないし、踊ることもできない。

まさしく、その通りでした。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
なかなか、仲間みんなであつまって練習することもできない。
市民センターなどの公共施設がクローズしているからだ。

とりあえず仙台は、5月から一部市民センターなども稼働するようになる。
練習できる防音の部屋が使えるかどうかは不明。

石巻近辺は全く見通しが立たない。

仲間も、それぞれいろんな事情があって、みんなで一斉に再開ということも難しい。

とりあえず、復帰できる人から復帰して、ここに来れば、「また踊れる、たたける」という場を
用意しておくことが必要だということで、

場所探し。

HEEくんの協力で
ダンススタジオを借りることができました。
参加費は、場所代を集まった人たちでシェア(割り勘)しようと思っています。

とりあえず、これはクラスではありません。
ただ演奏したい、踊りたい、ともに時間を共有したい。それだけです。

ある意味、本来のアフリカン・ドラムとダンスの実践の場であります。

踊ってみたい人、叩いてみたい人だれでもOkです。

踊れる幸せ、太鼓を叩ける幸せ、共に楽しむ仲間がいる幸せ、お互いの無事を
噛み締めながら、心と体の復興をここからスタートしたいと思っています。

2011年4月27日(水)21時より1時間30分ぐらい
会場 STREET DANCE SCHOOL「FAVORITE」
  宮城県仙台市青葉区北目町2-39 B1F TEL/FAX022-265-1620

中央郵便局の裏あたりです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
「有限の化石燃料を考えると、原子力発電は、将来性がある。」よく、聞く話だ。

これは、これからのエネルギーは原子力しかないという思い込みだ。

地球は、地表近くをのぞくと99%が1000度以上の熱い惑星なのだ。
やがては、長い時間をかけて冷えていくのだが、まだまだエネルギーに満ち溢れている。

日本の太陽光・風力・生物燃料の潜在能力は、今ある原発の総発電量の40倍を越えるといいます。

 環境省は2011年4月21日、風力や地熱、水力発電など再生可能エネルギーの利用可能性について、東北地方(新潟県を含む)では、火力や原子力などによる現行の発電量を上回る潜在力があるとする調査結果を発表した。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13696
添付のPDFを見るとなるほどである。(結構文量があります。)
特に震災の地東北には大きなエネルギーが埋蔵されていることがわかる。

日本は、エネルギー資源が乏しいというのも思い込みということになる。

再生可能なエネルギーには、僕達が知らないユニークなものがまだたくさんある。
そのひとつ、「田んぼが燃料電池になる可能性」というのもある。
http://wiredvision.jp/blog/yamaji/200909/200909091701.html

思い込みは、良くない。

そもそも「原発は、安全だ」という思い込みは、50年前にアメリカが「軽水炉の安全性は実証済み」と日本に売り込んだのが発端。(当時、アメリカでも軽水炉の実用炉は、建設中のものしかなかった)。国や電力会社は、当時の原子力研究所に、軽水炉の安全性を研究まで禁止してまで、安全でないものを必死で安全だと思い込もうとした。
 安全で将来性のあるエネルギーは、原子力しかないという思い込みに至る。

 そうまでして思い込もうとしたからにはいろいろ裏はあると思うのだが・・・

 現実には、いろんなエネルギーの可能性がある。

 話は、全く変わるが
 日本における米兵の「公の催事」での飲酒による飲酒運転の事故は、「公務中」というあつかいだそうな。
アメリカが日本を守っているという思い込みもそろそろ卒業しないといけないかも。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
桜の花が咲き出した。仙台は満開らしい。
震災の影響で遅れている学校の新学期も、ぼちぼち始まりつつある。

中学校はすでに始まり、高校は21日入学式の予定。子供たちのための手続きであれやこれや、忙しい。
高校は、教科書が津波で流されまだそろえられないらしい。

新しい、生活もひっかかりながら、なんとか前に進もうとしている。

我が工房「ティリバ」も再開せねばと、資材置き場を見ると震災前に太鼓をつくろうと加工を始めた丸太にヒビが・・・。木は、乾燥を管理しないと割れるのだ。震災後管理を怠っていた・・・・。
本当は、もっと太い木で芯材だけを使ってカンケレニ(ケンゲニ)をつくるとよいが、クルミの木なので大丈夫だろう。中を完全に抜いて、木工用ボンドを乾燥止として塗りたくる。とりあえず、これで感想のコントロールは出来る。
110418-143725.jpg久しぶりにガンガン木を削ったら、今朝は筋肉痛。 
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。