西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
八戸のドラムとダンスのワークショップ(合宿?)にレンタルドラムを持って参加してきました。

お金を出せば習う先生がいる東京・大阪と違って、地方では自分たちで企画して人を集めてお金を出さないと習えません。
でも、これがジンベのアンサンブルをするための良い練習になるのです。

ワークショップを運営したスタッフの皆さん。アフリカングルーブの武田さん本当にご苦労様でした。

また来年もレンタルドラムをそろえてもって行きます。
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
西アフリカのリズムの中には、ドラムをたたいているテンポ感とダンスのテンポ感がまったく違うものがある。ドラムの手数は多くて、はあはあ言いながらたたいているのに、ダンサーはわりとゆっくりとした動き。ダンサーはリズムの大きなグルーブのところで乗っかっているのだ。
このような場合6/8を叩いている場合には、4/4。4/4を叩いているときには、6/8に限りなくちかづいているような気がする。

こういるリズムこそドラマーのリラックスが求められる。手数早く叩きながらも涼しい顔が出来れば一人前??
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今、モロッコで作られたというジンベを修理しています。
彫り方がすざましいです。
どうも丸太を縦に半分に切って形をシェープして最後に張り合わせているようです。縦半分に切って綺麗に貼り付けられる技術はすごいです。インドネシアのジャンベでカップの部分と足の部分を別々に造って、合体させるという太鼓は見たことがありますが、こんなのは初めてです。



この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
アブドライ・ジャハテのCD再入荷しました。
Manden Foliが大人気です。

セネガルのジンベの音、マリのジンベの音、ギニアのジンベの音の違いについては、アフリカングルーブの武田先生がいろいろ書いています。なかなか面白いです。武田さんの記事を読みながらいろんなマスタードラマのCDを聞くと面白いです。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
アレックス・ヘイリーのルーツを読み終わりました。
以前の日記にも書いたようにこの本は、ジンベを叩く人にぜひ読んでもらいたい一冊です。

アメリカの黒人史・人種差別など深いテーマを描きながらも、西アフリカの口承伝承文化の確かさを描き出しています。約300年分の歴史が本に納められています。著者は、代々伝えられて来たヒストリーとコー(コラ)ボロンゴ(川)キンテなどの言葉を足がかりに時間をさかのぼります。まさに、文字版のグリオです。

多分僕たちのジンベも聴く人が聞けば、誰から教わってきたのかわかるのでしょうね。(というか、わかってもらえるほどうまくならなければいけませんが)
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。