西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
10年ぶりにカラオケのあるお店に行った。このカラオケからの演奏どの曲も見事にグルーブが弱い。こんなんで歌えるか!!!
(連れてきてもらった人のためにそ知らぬ顔して歌ってみましたが)
お酒に酔うより、リズム酔いして気持ち悪くなってしまいました。

スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!


子供にとってセネガルのたびは、言葉も通じずなかなか大変なたびだったようです。通じないとわかってからは、日本語で通したら割と通じたりして発見もあったようですが。そんな中一番の安らぎ?は、小さな動物たちを見つけること。バッタやコオロギ、蝶やカブトムシなど日本とほぼ同じ顔をしてます(笑)ぜんせん知らない土地で突然旧知の友達に出会えたような感じだったようです。

でも意外と、小動物たちは目に付きません。時々出てきて楽
しませてくれたのですが、昼間もほとんど見ません。夜の街灯にも虫たちは集まってきていませんでした。なんででしょう?
ランキングに投票してくださいね。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!

合宿所の周りには、フラニ族の集落があります。フラニの人たちは、遊牧民族で家畜を飼うのがとてもうまい人たちです。集落といっても密集しているわけでなくポツポツという感じ。

合宿所の周りは、牛や、ヤギ達がいつも放し飼いで我が物顔で歩いています。当然糞もあちらこちらに散らばっています。

そういえば、犬は見ませんでした。猫は、ニャンコマと呼ばれてました。

街に出ると馬車が現役で大活躍なので馬糞がたくさんあります。
でも草食動物たちの糞は、そんなにくさくないということと、すぐ乾燥してしまうのでなれるときにならなくなります。環境とは恐ろしいものです。

セネガル・マリは、イスラムの人たちが多いのですが、戒律はとても緩やかです。女の人たちも肌見せています。ただしお祈りは欠かさないようです。そのせいなのか街には、豚もたくさん放し飼いです。バナナやオレンジなどの皮などあげると喜んで食べてくれます。街の掃除屋さんですね。豚さんは。

セネガルはとても平和的な人たちが多くもめごとは、話し合いで納めるというのが国民気質。そのせいか宗教もイスラム教徒もカトリック教徒も土着の宗教もきわめて中が良いようです。

そういえば、セネガルがフランス領から独立するとき初代大統領で詩人でもあったドゴールは、話し合いによって独立を勝ち取りました。

この辺はアメリカや日本は見習わなければなりませんね。武力で平和を保っているつもりの時代からそろそろ脱却せねばなりません。
憲法を変えて自衛隊を軍隊にというのは、時代遅れですね。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
タンバクンダは、空気も乾燥して余計な水分もないし、電気の光も少ないので夜空がとてもきれいです。星空を眺めているとすごく目が良くなった気がします。

星といえば、ジンベのリズムと一緒に歌われる歌で星に関する歌がたくさんあります。バマナンの言葉で星は、「ロロ」マリンケでも同じ発音ですね。

シギ ロロ シギ ロロ モゴ ヤンリラ イェ モゴ ヤンリラ

ダンサの歌のひとつです。
星は、同じ季節に見るといつでも同じ位置にいます。その位置を知っていれば季節を知ることができるし方角を知ることができるし、いろんなことがわかります。「夜空の星から、人間はいろんなことを知ることができる」すなわち、「星たちは、何でも知っている」というような意味らしいです。

バンバラの人たちは、空を眺めているうちにはるか昔から惑星の動きや配列も地球が動いていることも知っていたようです。惑星の動きから60年に1度のお祭りとか数100年に一回のお祭りの日を知ることができるようです。

ジンベと一緒に歌われる歌は、このような教訓めいた意味の歌や、人をたたえる歌、伝説にかかわる歌などさまざまです。

伝統的な歌詞と歌詞の間に、即興的な歌詞も入るのもコール&レスポンスとともにアフリカのスタイルですね。
即興といっても、メロディーはほぼ決まっているので、歌詞のセンテンスの数はほぼ決まっています。日本の俳句や短歌に似た美しさがあります。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!


良いリズムは体が動くし、良い歌は心がおどります。

セレモニーのドラマーは、自分の体の中にあるリズム感で太鼓を叩き始めません。最初に歌い手がコールアンドレスポンスの歌で、会場の人たちの心をおどらせます。その心の踊りを捉えてリズムがスタートします。

そして、ドラムとドラマーとダンサーのコミュニケーションがつながれば、今度は、ドラムとドラマーがダンサーやセレモニーの空気をコントロールすることができます。

歌は、楽しい気持ちと正しいリズムを引き出してくるのに欠かせないアイテムのようです。

レンジンというリズムがとても楽しかったのでその楽しさをもう一度ということで、日本に帰ってきて太鼓の練習をしていたのですが、いまいち楽しさが出てこなくて何でだろうと思っていました。

歌いながら太鼓を叩いてみてその理由がわかりました。ちゃんと歌の中に秘密が隠されていました。
歌いながら太鼓を叩くことは、僕たちの練習としてはとても大事だとおもいました。なによりも、心がおどるような状況って今の日本の中ではなかなかありません。

身も心もドラミングもファンキーにいこうではありませんか!!

blogランキングにも投票してね。
ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!



ダンスの先生の一人アダマさんのところでダンスパーティがありました。大体こういうことは、昼までなく夜にやります。太陽が昇っているうちは暑くてどうしようもありません。21時ぐらいから0時ぐらいまでがんがんやります。あたりいったいから、子供やら大人やら300人ぐらい狭い広場に集まってきます。

アダマさんの家はタンバクンダの市街地にあります。市街地のパーティは一応アンプとスピーカがあります。
太鼓は、当然アンプなしなのですが、歌を先導する役割のおばさんたちがマイクを奪い合います。
なぜかアフリカの田舎のセレモニのアンプは、がんがんに音がわれまくってます。でもそれが、すごくアフリカらしいサウンド。しかも、よくブレーカが落ちます。歌っている途中にプツリ、あたりは暗闇。セレモニも中断です。これもまたアフリカらしい。

ところで、こういったセレモニーでは、あらかじめ演奏が決まっているのではなく、歌われた歌にあわせて演奏のリズムが決まるそうです。歌を知ってないとセレモニーでは太鼓が叩けないということだそうです。
歌といってもひとつのリズムにひとつの歌というわけではなく多いリズムで100種類の歌があるということだそうです。

blogランキングにも投票してね。
ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
YAMAHのお店に入って、何気なく雑誌の棚を見ると、毎日10分でやせるHIPHOPなんていうティーン向けの雑誌がありました。スリムな綺麗なおねぇさまのエクササイズを眺めるのはいいものですが・・(笑)
HIPHOPやアフリカンダンスでやせることができるか?
アフリカの太ったお母さんではめちゃくちゃかっこよく踊るダンサーに出会ったりします。

中には、このダンスは、部分ヤセにいいとかという宣伝もあったりするのですが、やっぱりやせないでしょう。たぶん筋肉のほうがついてたくましくなります。
運動不足を解消するという意味では毎日踊ると良いかもしれませんが、カロリー計算をきちんと行わないと逆に太ります。

まあ、踊らないより踊ったほうが良いのですが、あまりよこしまな事を考えず、純粋にダンスを楽しんだほうが、健康にも精神的にも良いのではないのでしょうか。

私は、アフリカから帰って5日間熱で寝込んで5KG体重が減りました。まだ、体重は戻りません。体力も激減です。きっとこれは、もっと力を抜いて生きなさいというお告げに違いない

うらやましいですか?やせたい女性の皆さん??

blogランキングにも投票してね。
ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
tantanさんいつもコメント・TBありがとう。

女性の方には、あまり聞かせたくない話ですが、ある程度経験をつむとピンポイントで叩く場所を決めれるようになってくるのでどうしてもよく使うところの皮膚が硬くなってきます。

アブドライ先生の話だと、太鼓を習い始めて数年は掃除ばっかりやらされて、そのうち叩いていいよと渡されたのが瓢箪。毎日硬い瓢箪の表面を太鼓代わりに叩いたそうです。そして、ある程度の月日がたってはじめてジンベを叩かせてもらえたとき、最初の1打からすでに良い音が出せたそうです。硬い瓢箪の表面を叩いたのですでに太鼓を叩くための手が出来上がってたそうです。

そういう物理的な条件もありますが、アブドライの師匠のスンガロ先生はアブドライを見て、普通はドラマーが太鼓をリスペクトするのに「太鼓がアブドライに頭を下げている」と語ったそうです。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
とりあえず、太鼓はたたけば何かしらの音が出るけれど、きれいな音を出すのはとても難しい。

きれいな音を出す、ヒントとしてマスタードラマの手のひらがある。
漫画の「頭文字D」の親父さんは、息子の車のタイヤの減り方を見るだけで息子の上達ぶりがわかるらしい。(笑)
そういう意味では、ドラマの掌にできたタコは秘密の宝庫。どの部分を使って音を出しているかはすぐわかります。でもどうやったら、そのようになるかは、経験に頼るしかありません。

 叩き方が変わると、自分の掌のタコの様子が変わってきます。

しかし、肝心なのは、石川啄木のように掌を見て反省するのではなく、「今日の叩き方をすると、ここをよく使ってるんんだ」とか「右側のタコがでかい!!」とかタコのでき方を楽しんでください。掌にマスタードラマのようなたこを作るのが目的ではないのですから。目標は、マスタードラマのような音を出すこと。タコができるのは、結果です。楽しみながら練習することそれが一番です。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
いきなり、疲れましたって?なにが??
実は、パソコンの調子が悪く、ソフトのお掃除をしたのです。
いわゆる、再インストールというやつです。

皆さんも同じだと思いますが、再インストールはかなり決意がいります。そう、元に戻れるかどうか。今までのメールなどのデータのバックアップや各種資料のバックアップを抜け目なくやっておかないとなりません。さらに、インターネットさえつなげれなくなるのではないかと・・・・。案の定、インターネットにつなげるのはトラブル続出。昨日はほとんど寝てません。
こうやって、書いているということは、めでたくつながったということなのですが(パチパチ!)今まで使ってきたソフトのインストールがまた苦労です。まずCDさがし、そしてインストールキー探しめったに開けない箱をごそごそ「あれない???」「どこいったんだろう」
 おかげで、ハードディスクはすっきりしましたが部屋はガチャガチャです。

とりあえず最低限の機能は、回復したので後はゆっくりと行きましょうか。

疲れたので今日はボスコロでひでさんとだらだらとドラムをたたきに行きます。もし暇な人がいたら涌谷まで着てください。(笑)

早々、ビログ・ランキングのほうもぜひ投票してくださいな。順番が上がっても何もないのですが(笑)まあ、お遊びということで。
今日は、もう疲れてすでにだらだらモードに突入です。


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!


セネガルの主食は、日本人と同じお米。お米にとても似たものに「くすくすの実」というのもあります。お米は、国内産のものは、あまり採れずタイからの輸入がほとんど。日本も米あまりだと言いながら外米を輸入するわけですが、これは、国際的な米の価格を上げてしまうのでやめてほしいです。(それがアメリカの狙いなのですが)

写真を見てわかるとおり、ご飯の上にいろんなものをぶっ掛けて食べるスタイル。このスタイルは日本人にとっても違和感なく楽しめます。そしておいしいです。

逆に西アフリカの人が日本に来るとやっぱり丼物とかは人気のようです。マーボ豆腐なんかも人気あるかもね。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!



タンバクンダには、アブドライ・ジャハテ マスタードラマーの他に、ママドゥ・シディベ マスタードラマがいます。伝説のマスタードラマスンガロ・ジャロの兄弟弟子です。昔、「village drumming」というすごいCDがあったのですが、今は手に入らない幻の名盤(誰か持ってたら貸してください)がありシディベさんが、すごい演奏していました。
兄弟弟子なのですが、ドラミングのカラーは対照的で面白い。アブドライは、わりとリズムの合間をリードで聞かせてくれるのですが、シディベさんはリズムの山の部分を聞かせてくれます。この二人にドゥンドゥンが加わって演奏されるとすごくかみ合うのです。CDのJebebaraなんか本当に気持ちよいです。
シディベさんは、とても天然な方で、本当に力の抜けたきもちの良いドラムをたたいてくれます。シディベさんは、綺麗なアンサンブルでよい気があるところでないと叩いてくれません。セレモニなんかでもアンサンブルが乱れるといつの間にかいなくなっています。

 レクチャー中に、みんなから曲をスタートさせるブレークを叩いてくれとシディベさんは、頼まれました。「プロットトトペペン~」一同「?」やり直し、。「プロットトピピン~」「???」なんで、昨日までちゃんと叩いてたじゃないですか。「プロット・トトト・トットト」にどうしてもならない。マスタードラマでもこんなことがあるのですね。

 シディベさんの場合、汚いジンベが嫌いということもありますが、ジンベの神様がシディベさんの体を借りて音を出しているので良い演奏でないと神様が降りてこないと言う感じが正しいかもしれません。
ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻





この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
タンバクンダの時間割?
8時30分起床
9時朝ごはん
10-12時ドラムクラス。
15時ぐらい 昼ご飯
17-19時ダンスクラス
21時夕ご飯

みたいな感じでした。
ともかく、昼間は暑いので(持っていた温度計は最高40度!)昼間はとにかく休みます。日本では、30度超えるともうどうしようもなく汗が流れます。タンバクンダでは、ほとんど汗が流れません。かなり乾燥しています。休み時間になると、選択三昧です。(笑)乾燥しているので、洗濯物は、すぐパリパリに乾きます。勿論洗濯機はないので日本から持ってきた洗濯板でごしごしとあらいます。

料理を作ってくれる地元のお母さんたちも一緒に洗濯します。(背負うと言うより)お尻に赤ちゃんを乗せて、平気で上半身裸で洗濯してたりします。日本男児としては、ちょっと目のやり場に困ってしまうのですが・・・。
アフリカ帰りの産婆先生http://atomc.blog22.fc2.com/blog-entry-186.htmlで書かれているように結構お尻は、大きなチャームポイントのようですね。聞いた話によると胸パットと同じようにお尻を大きく見せるための尻パットもあるということです。そういえば、昔マリさんというダンスのとてもうまい女性がいて、その女性のお知りが大きくてとても美しかったのでそれを讃えるために(?)サンタ・マリ ジュ・バとリードドラムが喋るソロフレーズがウォルセドンの中にあると聞いたことがあります。「ジュ」はお尻のこと。「バ」は大きいという意味。「大きいお尻のマリさん」という意味ですかね。


ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!


とても不思議な体験をしました。こんなことを書くとなんか神秘主義者のように思われてしまいそうですが、私は、唯物論者です。

 不思議な体験と言うのは、柳田さんのワーク(ククのレッスンでした)の次の日から原因不明の熱で5日間寝込んだわけですが、どうも夢でダンスのレッスンを受けてたらしいのです。
 リアルタイムで夢を覚えてたわけではないのですが、熱が引いて3・4日後ぐらいに、どうも誰かから「お前のククのダンスは違う」と言われた気がしたのです。誰に言われたのだろう?さかなちゃん?ひでさん?それとも柳田さん?悩んだのですが誰かわからない。熱が出て以来は、石巻でワークをした以外はずーと寝込んでたし。ちょっと悩んでたら突然正しいノリのイメージと言うのが沸いてきて自然と体が動いたのです。「あれ、一連の振り付けがすべて同じ言葉でつながっている。」今までとぜんぜん違うからだの使い方でしかも楽に踊れるのです。これだったらライトテンポでも十分いけるかも。これは、「きっと僕のタコ踊りを不憫に思ってダンスの神様が夢の中でレッスンしてくれたに違いない」などと勝手に解釈しています。真実はどうなのでしょうね?

 ただし、これが正しいククなのかどうかわかりません。ここまで書いて「ちがうよ」なんていわれるといったいなんだったの?って感じですが・・・。

 今日ドゥンドゥンバを聞いていたらドゥンドゥンバの体の使い方も今までと変わっています。どうも熱の間、夢でレッスンを受けたのはククだけじゃないようです。そのうち他のものも出てくるのでしょうか?

 あの熱は、ダンス・ウィルスだったのでしょうか?ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!



一緒に連れて行った歩君は、子どもながら結構がんばってフィールドワークについてきてくれました。その辺のことは、また書きますね。
日本にいるときはなかなか子どもと踊る機会も無いのでほとんど何も教えていないのですが、結構踊ってくれました。
 しかも、ソロで踊る楽しみを覚えてしまったようです。アブドライ先生のドラムソロが勿論すばらしいからなのですが、教えてないのにちゃんとブレークで動きを変えるし、終わるときはきちんと終わります。きちんとドラムとお話が出来ているじゃありませんか。写真は、アブドライのリードでの歩くんのダンスです。しかし、悲しいことに日本には、アブドライ先生のように綺麗に叩ける人はいないのよ。ゴメンねお父さん修行不足!!最初に一番すばらしい味を覚えてしまったことは、すばらしいことなのですが、なんか複雑な心境。

 もう一つびっくりしたのが、前回極悪ドラマ??(アンサンブルが乱れると喧嘩になりそうになったり、子分を作ろうとしたりして、悪い気をモウモウと出していた。)だった方がすごく丸くなっていい感じになってました。タンバクンダで太鼓の修行をすると人間も良くなるんですね。さすがジェベ・バラです。しかし、まだ油断をすると悪い気が漏れるようでした。(笑)

 西アフリカでは、悪と善は同居しているようです。悪から善が生まれ、善から悪が生まれる。そんな神話がいろいろあるようです。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!



1月31日午後、ようやくタンバクンダ着。カオラックから5時間。
国道が本当によくなってました。前回は、道はあれど、道のあっちこっちに大きな穴があってまっすぐ進めませんでした。今回は、ほぼまっすぐ道なりに(笑)いくことが出来ました。穴をよけて走る運転手の名人芸を見ることが出来なかったのは残念ですが、思ったより快適に早く到着しました。

今回の大きな目玉は、タンバクンダにジンベとダンスを学ぶための恒久的な施設として合宿所が落成したことです。外国人が学ぶだけでなく、地元の人たちが学ぶ場としても喜ばれているようでした。

計画から完成まで8年ぐらいかかったようです。建物が完成するまで去年の春からrootisyレコードのジェレミさんが現場監督として張り付き、最後は、マスタードラマ自ら土方をしてようやく完成です。

敷地の真ん中に、練習場。周りに宿泊棟。当然宿泊等は、アフリカ方式でコンクリの上にマットをひいてその上に寝ます。屋内キャンプ状態です。




電気は、現在自家発電。夜のみ。そのうち電気は、ひかれる模様です。周りには、フラニ族の人たちの集落がいくつかある程度で、きわめてアフリカ的です。フラニの人たちは、家畜を飼うのがとてもうまく昔は、牛と話が出来たそうです。朝、搾りたての牛乳を分けてもらったりしました。

計画では、冷たいビールが飲めるようにバーも出来る予定だそうです。とりあえずは、学べる場所が出来てよかったです。この場所がこれからどのように発展していくのか楽しみです。


ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻





この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
さて、心配していた電池の充電ですがやはりタンバクンダではほとんど出来ませんでした。太陽光はたくさんあるのですから、太陽電池の充電器を持っていけばよかったなと思いました。

充電電池の自己放電のほうは、やはり最後のほうはもちが70%ぐらいって感じだったのですが、電池自身の容量が十分大きいので大丈夫でした。24本のニッケル水素は結構重かったですが十分役目を果たしました。自己放電の少ないエネループと言う商品もあるようですが、http://takibiongaku.blog24.fc2.com/blog-entry-111.htmlどんなものでしょう。


録音のほうは、ほぼ満足いく録音が出来ました。EDIROLのR1はとても電池食いなのですが録音の手軽さと音質はとてもグー。R1で気をつけなければいけないのは、マイク感度のボリュームを最大にしないこと。リミッターをかけている場合でも最大より少し手前にしておいたほうがよいようです。最大にするとリミッターの効きがなぜかとても悪いのです。
そして、やっぱりドゥンドゥンの近くではあまり撮らないほうがよいみたいです。

R1は、内臓マイクとリミッターがとてもよいので、小さい音から大きな音まで拾わなければいけないフィールド録音にはむいてます。しかし、メモリーに記録されるファイルにタイムスタンプがつかないので、後から録音したものを整理するときにはちょっと苦労です。これは、ぜひ改善してほしいですね。日にちと時間がわかるとどんな状況だったか思い出すのは楽なのですが、音だけだとわからない場合が結構あります。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
セレ
ダカールから車で5時間ぐらいのセネガル第2の都市、カオラック。ダカールからの国道の舗装がとてもよくなっているのでびっくり。話によるといま、国際空港移転の計画が実行中で3年後ぐらいにカオラックとダカールの間に飛行場が出来るそうです。
 現在セネガルはとても政治が安定しており、海外からの投資があつまっているとのこと。ここ数年でセネガルが変わるかもしれませんね。

今回は、タンバクンダに一気に行かずカオラックで一泊です。
カオラックでは、国立舞踊団の重役?チェルノさんにお世話になりました。チェルノさんは、ダンサーでドラマーで映画俳優。かなりお年なのですが現役。歩君は、果敢にも日本語でサインの交渉。快くチェルノさんはサインを書いていただきました。しかし、フランス語なので読めません。(笑)

夜は、近くの文化センター?の中庭を借りてセレ族のドラムとダンスのセレモニ。月明かりだけのセレモニ。どうも、セレは、ウォルフ族の源流に当たるようです。ドラムもサバー(セレ族の人は、サバーと呼ばないらしいです)を叩いています。そのセレのナンバー1のドラマ、オマールさん率いるドラマーとダンサーの演奏です。
 正直言って僕は、サバーはうるさすぎてあまり好きでありませんでした。しかし、オマールさんのサバーを聞いてびっくりです。うるさくないのです。しかもサバーと瓢箪ドラムだけのアンサンブルなのに、気持ちよく聞けます。ちょっとびっくりでうれしい発見でした。

ジンベも同じですが、よいドラミングをするとうるさくないものなのですね。うるささは、決して音量ではありません。

以前、このことに気がついて、始めた練習が「なるべく小さな音ではっきりしたトーンを出して叩く」練習。これがなかなかよいのです。慣れてきたら音量を増すのではなく、スピードをアップしていきます。
万人に有効かどうかわかりませんが僕の場合とてもよい具合に力も抜け、音量も音質も以前より格段によくなりました。 現在実践中の方もいるようです。
 ただ、テクニック的なものも勿論ありますが、メンタル的な要素でどんどん音が変わっていきます。本当は、こっちのほうが大きいです。こちらのトレーニングは、心の栄養をたくさんとって、よい人たちにたくさん出会い、まじめに暮らして、太鼓をリスペクトすることなのかな。
ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
海外を旅行すると、同じ水洗便所でも水を流すレバーがさまざまです。
押すもの、引くもの、引き上げるものバケツで水を流すものホントさまざま。EUで経済が統合できるのなら、せめてヨーロッパだけでも統一してほしい。(空港でもさまざま)

セネガルは?これまたさまざまな形態のおトイレが。

トイレ事情については、 HALMANIAとHALMA GENと電脳のブログのhttp://halmagenpiano.blog51.fc2.com/blog-entry-16.htmlにご一緒に旅したゆかさんが詳細にリポートしてます。

タンバクンダは手動ウォシュレットの手動水洗でした。
まあ、アジアの国々でもこんなものですが、紙が使えないと言うことは子どもにはとてもショックだったようです。

ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻



この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
昨日の午後から急に体が軽くなってきました。今朝は熱も出ません。
発熱から6日間。なんとかニュートラルな状態に体が戻ったようです。これで多分大丈夫。みなさまご心配かけました。潜伏期間と症状の期間から考えてたぶんA型肝炎だとおもいます。A型は慢性化しないとのこと。

 それは、さておき昨日の記事が途中で終わってる・・・(笑)
まだ37度以上熱がありましたからぼけてたのですね。と言うことで続き。


アフリカはまじないの国でもあります。しかし、そのまじないは、豊富な自然の知識をバックにした数千年の裏づけのあるものが多いいです。そして、その秘密を知るにはそれなりの代償が必要なようです。

その秘密を伝承するために分野別に秘密結社がたくさんあります。秘密結社の中でなにが行われているか、外からは知ることが出来ません。知るためには加入するか、死を代償にして知るしかありません。また、秘密を漏らすものには、悲惨な死がおとずれます。

一緒に行った方が、「昔、ソゴニのお祭りを見たときすごくワイルドでソゴがウィリーして本当に獣が襲ってくるようだった」とアブドライさんに話したら、そのときに動物(ソゴ)の張りぼての中がどのようになっているかのぞこうとした子どもがいて「ソゴが怒って」子どもを弾き飛ばしたそうです。


「不思議なことは、不思議なこととして受け止めて、不思議なままでおいておくことがルール」というのはこういうことなのです。

そうそう、秘密と言えば不思議な「水がめ」があるのです。合宿所内の井戸の水は温くおいしくないのですが、「ジ・ダハ」(ジ=水 ダハ=瓶)にいれると冷たく山の清水のような丸いおいしい味になるのです。当然仕掛けがあるのですが、その仕組みについては、バンバラの人たち以外には教えられないとのことでした。生水を飲むのは、かなりの冒険なのですが、この水をのむとどんなにダンスで疲れても元気になれました。ただし、飲みたい人は、ちゃんとA型肝炎の予防注射していってくださいね。


ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。