西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!



ようやく桜の花が咲きました。
日曜日に近くのうちの庭に招かれました。

久しぶりの外での演奏。

みんな、太鼓の音が好きですね。
大人も子供もみんなにこにこ

ピースな時代が続きますように
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ジンベの低音について質問をもらいました。
ジンベの低音は、かなり低い音が出ます。

このジンベの低音は、太鼓の直径に思ったより左右されません。テンションの影響もそんなにありません。胴の長さとカップの深さ(足の長さ)に大きく左右されます。ジンベの低音は、皮の振動によって作られるのではなく、ボディの中の空気が皮の運動によって、穴から押し出されるのですがその穴からの空気の出入りはボディの空洞の共振周波数が大きな影響を与えます。
 もちろんまったくそれだけではないので皮の張り方、直径の影響も少しはあります。張ると高くなるように思えるのは、倍音が強まるためと当然皮の張り方は、ボディの共振周波数に影響を与えます。直径のほうは、共振周波数は、容積よりも音の通り道の長さに影響されます。
この辺のことは、板張りのカホンでなぜ低音が出るかということにも通じます。

この辺のことをよく知っておくと打面をたたいただけで、ジンベのボディに致命的な割れがあるかどうかかがわかるようになります。


バンドなどで、パーカッションのセッティングとして、低音を出す楽器としてジンベをセッティングしたいときがあります。

そのときは、マイクを打面に向けないで思い切って穴の直下にマイクを入れます。

ただし、ジンベの低音は、必ず重低音だけでなくアタック音も入るのでバスドラのようにはなりません。(でもそれがいいのですが)

とりあえず低音主体の録音をしておきましたので何かの参考にして下し。ファンキ・ドラミング サーバが混雑しているときはつながらないかもしれません。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
音の日記(blog)をつけ始めて数日たちました。
とりあえず3日坊主の危機は去りました。

このまま、毎日つけていくとたたくことがなくなるのだろうか?それともどこからともなく沸いてくるのだろうか?

そんな疑問もないわけではないのですが、とりあえず基本は、「あまり考えない。」(笑)その日の感じで、気楽に行こうと思います。一人でいくつかの太鼓を同時に鳴らして一発取りですから、聞き苦しい点もあるかもしれません。まあ、文書でも「てにをは」がちがってたり、誤変換も後を絶たないわけですので。完璧とかきれいとかあまり考えない。

まあ、あまり期待しないで聞いてください。ビログ・ランキングにも登録したのでよろしくね。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
河北ウィークリーの効果で今日のワークは、たくさんの方が来てくれました。

改めて、思うのですが歌の力ってすごいです。なんというか、楽しさの桁が2桁ぐらい違うというのでしょうか。それでいて絶対最初からたたけないようなと思うようなリズムを歌から導き出すとたたけちゃう。

でも、チューターは大変。でも、疲労度はいつもの2倍。でもこれが楽しい。ドラミングの技術的なことをきちんと提示することも大事だけど、それぞれの自分の中から出てくる楽しみを引き出せることが大きな目標。

今、いろんな楽しみがあって、テレビをつければお笑いがあるし、パチンコで勝ってウキウキってことはあるかもしれないけれど、自分の体の中から自然に出てくる楽しみってなかなかないですよね。
 自分自身の中から楽しさを作れれば、本当にすばらしい人生。そんなドラミングをみんなでしたいですね。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ボスコロフリーセッション第1回目
本当に楽しく終了しました。

ウォルセドンがジャズになったり、ダンサががロックになったり。西アフリカのリズムについての知識がない人たちがどのように感じるかなかなかいい勉強になりました。

でも、一番良かったのは、集まった人たちが心から音楽を楽しもうとしたことと、それを可能にした物理的な場所があったこと。ボスコロさんに感謝です。

いつまでも純粋に音楽が楽しめる平和の世の中でありますように(祈)
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
アフリカの人は、日本人と同じで外国の技術を自分のものにするのがとてもうまい。しかも、勉強の仕方がとてもうまい。何ヶ国語か話す人にどうやって外国語を勉強したかと聞くと、ほぼ10人中9人が外国語を学ぶのも学校にいって学ぶのではなく、ほとんど独学でマスターしてしまったという。

アフリカの人が本気で近代文明を身につけようとしたら、あっという間に技術立国になるに違いない。(笑い)

それは、ともかく当然太鼓の作り方も技術革新による変化の影響を大きく受けている。最近の最大の技術革新は、やはり金属のリムの登場でしょう。その前までは、ジンベもやはりくい打ちでした。

最近は、サバーでも金属リムのものがありますし、ブカラブーもそうですね。

いつから金属のリムが使われるようになったのか良くわからないのですが、多分、そんなに歴史は古くないような気がします。そういえば昔、太い紐をリムの代わりに使い引っ張っている太鼓も見たことがあります。

細かいところは、作る地域などによっていろいろな工夫が施されています。下のリムをはめ込む溝なんかは、発想は、単純なのですがかなり便利。

最近は、リムに編みこまれたコードの網目が細かくなる傾向にあります。今まで結び目が20数個だったのが40数個になって、そのままでは多すぎるので2つの結び目に一つのたてのロープを引っ掛ける方式。これが何で良いかというと、皮が滑りにくくなるからです。どうもガーナの職人が最初にやり始めたようですが、最近はマリ・セネガルの職人もまねています。その他として、ロープでリムを作って従来の2本の金属リンクとあわせてトリプルで使うアイデアも時々見ます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
アイデアの話の続きではないのですが、なかなか面白いビログ・システムを見つけました。

普通は、写真や文書でビログを作りますが、このビログは、音声。その気になれば、センターに電話して自分の声を録音できるという代物。

究極のモバイルかも・・・。

電話のほかにも当然MP3などの音声ファイルをアップすることもできます。音で作る日記ちょっとも面白そうです。

早速、私も登録してみました。

日記代わりにドラミングさていつまで続くやら
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
僕は、めんどくさがり屋です。
めんどくさがり屋は、いつもどうしたら作業が簡単にできるのかいつも考えています。めんどくさがり屋は、体を動かすのが面倒でも頭で考えることは、あまり苦にしません。

でも、そうやって出たアイデアは大体使えません。

アイデアを試しているうちにアイデアを実現すること自体とても面倒であったり、ほかの作業が面倒なことになったり、100出たうちの1つ使えればラッキーって感じです。

経験的に実現するのに複雑なプロセスを持つアイデアはまず使えません。逆に単純な発想というのは割りと使えます。

ジンベの太鼓を作るときに一番面倒なのは、たてのロープを引っ掛けるためにリムに編みこむロープ。単純作業で時間がかかります。めんどくさがり屋にとっては最悪な条件です。

今回のアイデアは、このリムに編みこむロープの編み方。これがなかなか良い。当社比10倍スピードアップ(笑)
まだ解決しなければいけない問題があるのですがこれは使えるかも!!!
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
仙台方面にお住まいの皆様。
今日の河北新聞の折込の「河北ウイークリー土曜版(2006・4・9発行)」にジンベのワークショップの記事が載っているようです。写真つきで・・・

私は、仙台圏でないためまだ記事を見てないのでとりあえず未確認情報なのですが・・・・・

担当の記者さんは、とてもよい写真だといっていたのですが、さて出来上がりはいかに

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
3月末から、天候が荒れています。風がすごいです。
とても寒くて、外で作業をすると寒くて風ひきそうです。

宮城の花見は、いつもとても寒い。

まだ外で太鼓を叩くにはちょっと早いようです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!


セネガルをはじめ西アフリカは、多くの言葉が話されている。民族ごとに言葉があって隣どおしの民族であっても言葉が通じない場合が多い。
同じ部族であってもサブ・トライブ(民族の間にもさらに細かい区分けがある)で言葉が違ったりもする。

セネガルの公用語は、フランス語ですが、地方に行くと通じない人も少なくありません。英語は、日本人と同じレベル(笑)

通じないとわかっていても英語をしゃべってしまうのはなぜでしょう?
その点、子供はえらかった。

日本語で最初から最後まで通してました。でも不思議とそれで通じることが結構あるんですよね。変な英語を話すところにエネルギーを使うより、何か伝えようとするところでコミュニケーションが成立するのでしょうか?

ジンベのフレーズも言葉ですからね。意味がわからなくても、心を開いていればメッセージがつたわってくるかもしれません。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
バナナの木

セネガルでバナナは、日本で1本10円ぐらいでした。子供と一緒のフィールドワークだったのでよくバナナを買いました。オレンジも良く見ました。

村のうちの庭には、バナナの木があります。バナナは、実がなるとかれてしまうという話でした。でも、割と早く育つようです。

後、マンゴの木はよく見ます。バオバブの実も食べれるそうですよ。

ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
4月になったということで気分一新です。周りでも引越しだの、新会社に派遣だのであわただしく人が流れています。桜の花も今年は早いのでしょうか?

昨日は、今年度初めての「すあらばぐーす」のワーク。4月から月2回になります。初めての試みとして、「歌とリズム」のワークをはじめてみました。太鼓を叩くだけでも楽しいのに、叩きながら歌を歌うと心が元気になりますね。

叩きながら歌うのは、結構難しいのですが、これを以下に簡単にしてワークを作っていくか試行錯誤が続きそうです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。