西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
行く年、来る年忙しい毎日ですが、正月に入ると一息つける方も多いでしょう。一息ついたらぜひ見てもらいたいページがあります。飛んだらまずマウスでカーテンを開けてあげてください。

アフリカの音楽を紹介するホームページはたくさんありますが、こんなファンタスティックなページはちょっと他にないですね。

flashで作られたページなのですが、収録されている音源もとても良いですし、いろんな仕掛けが隠されています。

見る時間によっても背景が変わるようです。
http://www.dunun.com/2002/
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ランバは、ジェリ(グリオ)の人たちのリズムというお話をしました。そのためジェリ・ドン(ジェリの人たちの踊り)とも呼ばれます。その名のとおりダンスの振り付けにはジェリの人たちが即興で詩を歌うときの振りなども含まれています。浪々と歌い上げるのでテンポもわりとゆっくりな曲になります。

多分、ジェリの人たちが踊ってたというよりは、ジンベで演奏されるようになって庶民の人たちが楽しむようになって、ジェリの人たちの動作を真似たものがダンスの振り付けになったのでしょう。そのほか、自分の中にある邪気をはらう意味の振り付けのバリエーションがたくさんあります。マンデの人たちは、悪いものがどんどん体にたまるので時々外に悪い気を外に出して良い気を呼び込んでこなければいけないと思っているようです。

このようにマンデの人たちの踊りは、単にリズムにあう振り付けを持ってきているわけでなく、一つ一つが意味のある言葉になっています。

さて、このランバなのですが、有名な曲だけあってWEB上にたくさんサンプルがあります。とりあえず歌がのっているMP3のサンプルを拾ってみました。

少しモダンな感じですが
Kora JaliyaというグループのLambang (Jaliya)があります。

ファマドゥコナテのLa Lamban(譜面はあてにしないでください)

アブドゥール ドゥンビア
アルバム mfake2のlamba

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ヤヒロトモヒロさんがブガラブーのCD「DUB-GARABOU」をだした。アフィシオンレコード

ブガラブーのCDというだけでも珍しいのだが、なんと教則的なDVDまでついてきます。(2800円)音の出し方などはないが、CDのトラックに入っているsanja Nusu Tirimbauを4台のブガラブーと足のビートを使って一人でリズムを組み立てて演奏するエクササイズが収録されています。

どうも、この三曲はダンサ、スヌ ティリバらしい。「聞いたことのある言葉だ!」て言う感じでそれらしく聞こえます。その他トラックのほうにはマンジャニらしいものもあります。

右手・左手・足・体それぞれがそれぞれのパートに分かれて、それぞれが会話している感じが、なかなか楽しいです。

当然ジンベ叩いてる人も120%ためになります。

初心者には、ハードルが高いですが最初は、右手だけ、足だけからスタートしてなれてきたら右手+足を練習してみるとよいでしょう。

時間がかかってもゆっくり楽しみながらやればできると思うので、少し筒楽しみながら練習してみましょう。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
最近googleのサービスがとても使いやすい。

最近PHSを話題のW-ZERO3ESに乗り換えました。
このW-ZERO3ESという携帯電話自身(コンピュータマニアにとって)とてもよくできた電話で使うのが楽しい。


パケットの転送量を減らすために、I-modeを偽装してHPを閲覧するのだがgoogleの携帯用のページはヤフーに比べデータ量が少なく大変よい。
携帯版googleマップもとてもよく地図だけでなくお店などを検索してその場所を明確に表示してくれるのでなかなかgoo。電車の乗り換え案内もシンプルで使いやすい。

今一番便利に使っているのがgoogleカレンダーです。
ブログトップでも活用させてもらってます。

このカレンダーW-ZERO3ESのカレンダーと同期が取れるのです。W-ZERO3ESとPCのカレンダーも同期できるのでとても便利。

そして、このカレンダをPCで開いて、イベントの場所をクリックするとgooleマップが出てきて場所の情報を自動的に検索してくれます。

僕にとって、この携帯電話(携帯コンピュータ)と自宅のPCそしてブログの組み合わせがとっても使いやすいです。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ジンベのリズムの分類についていよいよ後半です。その6の前半までは、主に国立舞踊団におけるアレンジによるリズムの差異について書いてきました。
 
こんどは、
3・娯楽として発展してきたもの
4・秘密結社にかかわるもの

のかかわりで大衆の中でどのような変化をしてきたのかを僕が見たり聞いたりした範囲で、書きたいと思います。

娯楽として、発展したリズムの例として、ランバ・ダンサ・ヤドの一連のリズムファミリーがあります。

ランバは、もともとはジンベのリズムではありませんでした。コラ(ハープ)・バラフォ(木琴)などジェリ(グリオ)の人たちしかひくことの許されてない楽器で演奏された「サンディァ」という曲が元になっています。
「サンディァ」は「よい年」をあらわします。新しい年がよい年になるように、神に感謝する歌です。

ジェリ(ジャリ)の人たちは、代々血筋で受け継がれたカーストで、音楽やダンスなどでマンデのそれぞれの民族の歴史を伝承している人たちです。グリオという呼び名はフランス語です。

 ジンベは血筋で受け継がれているのではなく、才能があれば誰でも叩くことのできる太鼓ですが、音楽的な才能という点でジェリの人たちが、マスタードラマになっていることも多い。そういうこともあって太鼓の楽曲としてまず、ジェリ・ドラムに翻訳したようです。ジェリ・ドラムは、カソンケ・ジュンジュンに似た(同じ?)ジュンジュンです。
そのため、ランバのドゥドゥンのリズムパターンは多彩です。昔は、ランバ・ダンサのドラムコール(ブレーク)をドゥンドゥンが出していたという話も聞いたことがあります。

 そうしているうちに、あまりにも有名になり庶民の娯楽のためのリズムとしてジンベで演奏されるようになったようです。

 いまでも、セレモニーといえば必ずダンサがでてきます。


つづく
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
さなえさんからクリスマスプレゼントをもらいました。
あまりにもすばらしいプレゼントなので、みなさんにもおすそわけ。

もしかしたら、不要な物と思う人もいるかもしれない。もれなく、プレゼントがもらえるはずだ。その中身については、人によって違う。
クリスマスに限らず、いつでも何回でも何かが得られる。どんなに分けても減ることはない。究極のプレゼントだ。

神様へのインタビュー。(http://www.reata.org/interviewjapanese.html)


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
昨日は、今年最後の石巻のワークでした。

CHさんが職場をトラバーユするということで、現在2つの職場をかけもち。毎日毎日12時間労働もう忙しくて大変。本来なら、ワークどころでないということになるのですが、CHさんが言うには「今の私に必要なのは休息ではなくて、みんなと一緒に太鼓を叩くこと。それが一番必要。」とワークに参加してくれました。

生きるのに必要なのがジンベ。そう感じられるあなたはすごい。ファンキーな人生だね。

 みんな応援しているからね。CHさん!
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ボスコロ今年最後のXXXというようなインフォメーションをすることが多いこのごろですが・・・。

ボスコロ・フリーセッションナイトも先週の金曜日で今年最後でした。もちろん来年もおこないます。

ともかく、パーカッションを思い切り叩ける場所と人間と空気をつくろうということではじめました。

 いろんな人が集まりいろんな出会いがあり、いろんな音楽が生まれました。さて来年はどうなるでしょうか?

フリーセッションの模様1
フリーセッションの模様2
フリーセッションの模様2

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!

今年3回目の手作り太鼓のワークショップをすあら・ばぐーすでおこないました。

回数を重ねるごとに、作りやすく本格的な音の出る太鼓へと進化しています。

今回は、今までと違いきちんと鉄のリングでおさえるようにしました。やはりひもを引っ掛けるための結び目を作るのが時間がかかり、完成までに4時間ほどかかりました。塩ビドラムワーク

 自分で締めた太鼓の音はやっぱり最高です。



この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
2006年12月10日登米祝祭劇場・小ホール ピアノ教室のクリスマス発表会にアフリカン・ジンベ Dounun ni Donが呼ばれました。
みやぎダンスのケアクラスとジョイント公演でした。

いつもパワフルに踊ってくれるみやぎダンスのアフリカンダンサーズの皆さん、本当にありがとうございました。来年もよいバイブレーションをお願いします。

そして、Dounun ni donのみなさま、お疲れさんでした。変な力みがなくてよかったです。なんか新しい一歩が踏み出せそう。
ライブの模様

それにしてもピカ画伯、絵うま過ぎ!
ピカ画伯著
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今週は、ずーと絶不調! 熱が出っ放しでした。
どうもノロウィルスに「のろわれた」模様です。仕事が少ないときのダウンでよかった。

熱が出ている間変な夢を見続けました。数字の夢です。2列の長い数の列があって、その2列の中のある数と任意の数が方程式で解けると眠りにつけるというなんともよくわからない夢。

夢を見ている間中、眠りにつける数の組み合わせの数列が頭の中を駆け巡っていました。

いったいなんでこんな疲れる夢を・・・。誰か夢占いができる人がいたら解析してください。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ここしばらく、太鼓を叩いて体を痛めるということはほとんどなかったのですが、背中の筋肉を痛めてしまいました。

だいぶ痛みはひきましたが、日曜日のセクバさんのクラスでちょっと無理をしたということもあって、2週間近くたつのにまだ痛みがあります。

原因は2週間前のライブのときに、すばらしいダンサーの動きに闘争心で立ち向かってしまったこと。

太鼓のエネルギーとダンスのエネルギーが衝突して、それが体に跳ね返ってきてしまいました。


まあ、冷静さを保てないぐらい場がヒートアップしてスピードも超ライトになっても、ドラマーは常に冷静にコントロールしなければいけないといつも思っているのですが・・・。

 自分自身も小さな力で大きなエネルギーを使えるようになってきているのでコントロールできないと大変なことになるなということを身にしみてわかりました。

 最近ダンスでも最初から最後まで100%エネルギーを出さなくても踊れるようになりました。前の30%ぐらいの力で以前の100%のエネルギー出せるようになってきました。

そのエネルギーって何?て聞かれると、とても答えにくいのですが、目には見えないのだけど物理的、心理的、気持的に大きく影響を与える何かが確実にあるようです。


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。