西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
まだ具体的に間取りを考えるというようなところまでたどり着いてませんが、面白いフリーソフトがあるのを発見。その名もせっけい倶楽部

 このソフトは、間取りの部品をポンポンとおいて間取りの作成を支援するソフトです。面白いのは、間取り図から立体図が即座に作成できること。当面家を建てない人も、結構遊べます。
 平面的な間取り図から実際の風景を思い浮かべるのは普通の人はちょっと難しいですがこれなら大丈夫。
部品には家具などもあるので、家具を置くとどのぐらいのスペースになるのか立体図を作成すると一目瞭然。家の外見も作成してくれます。さしあたり、バーチャルマイホーム。

スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
愛用のジンベの皮がもう限界です。
fetyyuugnyyu4.jpg打面の写真を見てお分かりのように、左側に裂け目が入ったものをパッチを当ててしばらく持たせてきました。とりあえず半年ぐらいは持ちました。とうとう裂け目がパッチを超えて日々成長中。破れるのも時間の問題です。
 ということで、皮の張替えです。パッチで半年もったのは、実はこの皮はヤギ皮ではなく牛皮なのです。牛皮はヤギ皮よりロング・ライフで音もとてもよいです。gdfgerteryrthf5.jpg


 しかし、力んで叩くと体を痛めます。そういう意味では誰でも叩ける太鼓ではありません。皮の張替えも、ヤギ皮より手間がかかり、たとえ、お金を積まれてもあまり作りたくないのですがしょうがありません。しばらくは、このジンベと向き合う日々が続くでしょう。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
無暖房住宅という記事を書いたら、思いがけずアクセスUP(笑)

とりあえず、自宅の傷みがひどいので、建替えということで結論が出そうです。

ということで、年始から住宅展示場を歩いたりしてどこにお頼みするか見て回っています。

いろんな住宅もさることながら、営業の人もさまざま・・。

しつこい人、あっさりした人、話しのうまい人、下手な人・・・。
営業は本当に話芸ですね。ネタの出し方、気の引き方、間合いと距離感の取り方。こんなあぷろっちの仕方があったのかと感心ひとしきり。

実際に話を進めてみると、品物(住宅)以上に営業の人と相性が合うかどうかというのは重要ですね。

とりあえずは、地球の未来をかけて(笑)無暖房の家を作ってみようかというのが家族一致した意見になりつつあります。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
vilage drumming2年ぐらい探していたvilage Djembe drummingというCDをようやく見つけることができた。

このCDは、1999年にタンバクンダで録音されたものでアブドライ・ジャハテ師と兄弟弟子であるママドゥ・シディベ(マスタードラマー)のソロが納められている。名盤の一つといわれながらもすでに絶版のものである。

シディベ師のドラミングは癒しという言葉がぴったりくる。CDを聴くとそのときに一番いい方向に心が引っ張られます。胸がざわついてきるときは、落ち着かせ、落ち込んでいるときは、ウキウキするように。

 聴きながら、なんて「僕は、独りよがりなドラミング」と反省ひとしきり。

 シディベさんは、いつもクール。シディベ師はジンベを叩いているというより、ジンベが喋るのを手助けしているって感じ。いつも、力が入っていないように叩きながら、きちんと音が出ている。


このvilage Djembe DrummingのCD新品があと数枚残っています。ちょっと高いですがご希望の方は連絡ください。


写真はシディベさんと2ショット!
mamadou sidibe

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
先日のHEVENの写真載ってますね。(http://black.ap.teacup.com/blues-heaven/77.html)
写真見てわかるように、いつもの二人バージョンではなく、かなりにぎやかになりました。

最初は4バンドの予定だったのだけど、都合で2バンドになってどうなるかと思ったけど

本当にアフリカのパーティみたいで楽しかったなぁ。
HEVAENのスタッフの皆さん本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

カン・パ・マ・ベ・ディ名物ナンバー「シギ・ロロ」(Heaven Live)
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
セネガルのタンバクンダにフィールドワークに行った仲間が帰ってきました。
今回もなかなかディープな中身だったようです。

西アフリカに行けば伝統的なセレモニーが見れると思うと、そんなに簡単なものではありません。

宗教的な理由・政治的な理由・近代化などで民衆レベルでの伝統的なセレモニーは限られたものしか行われていません。

アブドライ・ジャハテ師は、長く途絶えていたセレモニーの復活のために長く時間をかけて地元の人々を育ててきました。

今回は、20年ぶりに(ン)バラのセレモニーを復活させたそうです。
かって毎年1回新年に行われていたそうです。

来年はタンバクンダに行きたいです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
なるべく、ジャンベという名称を使わないようにしているわけだが、見事なもので検索から参照してくる方がこの1年で以前の十分の一に。

というわけで、このBLOGは案外固定客が多い。

BLOGとしてはよいのですが、ネットショップとしてはちょっとね(笑)

ジンベや皮のほうは、以前買われた方がお客さんを紹介してくれたり、リピータになってくれたりしているので、それなりに売れてるので何とかはなってます。

皆様本当にありがとうございます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
2006年9月9日パチャカリ2名編成(ユキオ・サナエ)
2006年11月26日 Chop-onz ライブの模様2名編成(ユキオ・サナエ)
2007年1月13日 Heavenライブの模様070113
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
0113heven
2007年最初のライブ 「HEAVEN ワールドミュージックライブ」はなかなか面白かったです。

前半30分はさなえさんと二人の正調?カン・パ・マ・ベ・ディ。
後半30分は石巻メンバー+みやぎダンスのアフリカンダンスクラスとのジョイント。

 お客さんも予想よりかなり多く、今日のイベントのことを知らずにいらっしゃった方も、「今日はきてよかった」と言ってくれてたようでした。

 無条件で楽しいドラミング。ことしは、そんなドラミング・トーキングができたらなと思いました。

 本当に楽しい1時間でした。

ライブの模様070113

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
さて、これまでリズム構成が変わっても同じ(ルーツ)リズムであるという話をたくさんしてきました。そして、なぜ違うかも説明してきました。

中には、そのリズムが成立して、ほとんどリズムの構成が変わらずに伝えられているものもあります。

私の知っている例では、コルジュガ(コレジュガ)。コルジュガは、それぞれのパートが、コルジュガの昔話のストーリに基づく言葉になっています。その言葉をジンベやドゥヌンで喋らせるときに、今のリズム以外に置き換え(翻訳)が難しいそうです。ですので、どんなマスタードラマにおいてもほとんど同じです。


そうそう、コモドンとコモ・フォリはまったく別です。ときどき同じリズムとして紹介されていますがコモドンはコルジュガのことです。コモ・フォリはコモ(コマ)の秘密結社のリズムです。ちなみにタンソレはコモのリズムの中の一つです。
 このように、名前が似てるからという理由で混乱が起きる場合もあります。コモについては、またそのうちに・・・。

さて、コルジュガやコモは秘密結社です。

大衆の中で育ったリズムに秘密結社は欠かせません。

それについては次回。

つづく
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
積雪今年の冬はちょっと異常ですね。去年は頼みもしないのにどかどか雪が降ったのですが、今年は雨。

地球温暖化なのでしょうか?ヨーロッパのほうでももっともあったかい冬になっているという話です。

自然相手の農家の方は大変ですね。

昨日、今シーズンの冬初めて積雪。休み明けと言うことと、雪が積もると誰も思っていなかったので朝の幹線道路は大渋滞。それでも昼には雪はほとんど解け割と暖かな日々。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
on line shopに新しいジンベを掲載しました。

基本的にアフリカから送られてきたままのジンベと、当工房で仕上げたスペシャル・ジンベの2本立てになりました。

普通のジンベは、基本的な点検、チューニングはしますがアフリカから来たままの状態。その代わり値段を安くおさえてあります。

スペシャル・ジンベは、当工房で腕によりをかけて仕上げたジンベです。きれいな音色が出るよう工夫してあります。値段的には、ちょっと高めですが、ヘッドの保証など含めるとかなりお得です。

ヘッドの保証規定も改訂いたしました。



★スペシャルジンベについては
 購入後1年以内の破れについては、送料も含めて無料で張りなおしいたします。
 それ以降については、送料含めて7000円で張替えいたします。

ただし私の工房が存続していればということになります。
アフリカンジンベ工房もおかげさまで6年目に入りました。


現在、皮の張替えは、送料も含めると14000円から16000円が相場です。皮の張替えは、1年保証いたします。

2006年12月までにお売りしたものについてはスペシャル・ジンベに準じた扱いをします。

★普通のジンベについては、送料含めて14000円程度 西アフリカ産以外のジンベ(東南アジア製のジャンベなど)については、16000円程度でお直しします。

なお、ロープ代などは入っていませんが再利用できるものはなるべく再利用いたします。

これからもよろしくお願いいたします。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
 今シーズンの冬はすごく暖かいですが、無暖房住宅って皆さんは知っていますか?
 私は、知りませんでした。字のごとし冬でも暖房の要らない住宅のことです。正月に家族と一緒に住宅展示場にいってはじめて知りました。

 外が氷点下でも家の中は20度ぐらいを保てるそうです。ちょっと常識がひっくり返りますよね。北欧では、国家プロジェクトとして進められているということです。

 仕組みとしては、熱を家の外に漏らさない仕組みを作るということだけです。暖める熱源は、生活にあります。電気で動くものは、パソコンなども含めてすべて熱を出します。当然人間も発熱体です。台所からも大きな熱が出ます。そして窓から差し込む太陽の光によっても熱が発生します。この熱が逃げなければ相当温まるそうです。ですから、暖房器具がなくても生活で出てくる廃熱でOKということです。

 問題は、換気です。熱をもらさないで換気する必要があります。そして、夏場のコントロール。

まだまだ、生まれたばかりの家作りなので、いろんな問題があるのでしょうね。

でも、これがうまくいくと家庭から出るCO2の量だとか火事の危険性とか石油や電気の消費量は大幅に減りますね。

人間のせっかくの科学や英知を軍事とかではなく、こういうことに注ぎ込んでほしいですね。

今年は、人間が地球に長く暮らしていけるための技術が発展するとよいですね。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
 「その8」で紹介した音源を聴いた人はわかりますが、歌詞にエー ・ジェリャ・アラ・レ・イェ・カ・ジェリ・ダとそれぞれが歌っています。(あくまでもカタカナなので音源を聴いてくださいね。)

歌がある場合には、ほぼ、このフレーズが入っています。アラとは神様のことですね。ジェリを作り出した神に感謝という意味です。この歌の意味からもランバがジェリのためのものであったことが良くわかります。

ジンベのリズムには必ず歌があります。大衆の中で育ってきたリズムの歴史をたどるために歌はとても重要なようです。歌は、そのリズムで昔から伝わってきたフレーズとそのフレーズを元に即興的に作られたものとあります。昔からのフレーズには、そのリズムが何者であるか良く示されているといわれています。

さて、ランバの演奏スピードが速くなっていくとダンサ、さらに早くなってヤド・ヤドという歌が歌われるとヤド・ヤドといわれたりします。

ジェリドンが大衆の中に入っていって女性の娯楽のためのダンスとして位置づけられるようになりました。ランバは、比較的スピードが遅いのでわりと年配の方が踊るダンス、ダンサは、10・20代の若い世代のダンス、そしてもっとも早くなって「ヤド・ヤド」という歌が歌われると子育て真っ最中のパワフルな女性が踊りだします。

当然スピードが違ってくるとドゥドゥンの乗り方やジンベの乗り方も変わってくるのでグルーブが変化していきます。

ダンスのほうも、振り的には、同じものが多く見られますがやはりスピードが違ってくるとまた変わります。

ランバ・ダンサ・ヤドは、もともとジンベの曲ではなかったのでアレンジが多彩です。そのため教える人事にリズムの組み立てが違ったりします。

あるマスタードラマの話では、リズムの組み立て方で、誰から習ったかどの流れかわかるという話しです。

面白いですね。民衆の中で育ったリズムにおいても同じリズムなのに組み立て方が違うけれど、同じリズムというのがやはり存在するのですね。だけど、きちんとたどっていくとジェリの演奏していたサンジャにすべて行き着くという点が大事です。色々多面的に見えても本質のところできちんと収れんしているようです。

ーーつづく
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!

あけましておめでとうございます。
ことしは、すごく穏やかなお正月です。

今年も日本に東京・北海道・宮城と宮城にアブドライ・ジャハテ師がやってくる予定です。宮城は6月のはじめのほうの土日の2日間。

今年も楽しいことがたくさんありそうです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。