西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ちょっと番外編的ですがジンベの先祖についてです。

ジンベは、3000年の歴史があるといわれている。当然、ジンベの形もシステム変化している。西アフリカに行くと感じるのだが、アフリカ人は外の文化でも「これは便利!」と思える技術をとりこむのがとてもうまい。いまは、村に電気が着てないのに携帯電話が普及してます(笑)。結構、器用で物まね上手。なんとなく日本人に似てますね。

それはさておき、いまの形になる前は、鉄のリムも合成繊維の強いロープは使われておらず。皮ひも、皮のリムで皮のテンションを作り出していました。今よりは、ゆるいですが、それでもかなりテンションをかけれたようです。(火にあぶったりして)

かなり原始的なジンベになると、杭打ちで皮を引っ張るタイプになります。テンションはどうしても低くなるので、バチによってた高い音を引き出すことになります。ですから、原始的なジンベにおいては、ウォルフ族のサバーのように片手バチ、もう一方は素手というドラミングスタイルだったようです。ということは、リズムの叩き方の手順も今とは違うということですね。

 このことも、教える人によって同じ名前のリズムでも違うということがおこる原因の一つにもなります。

いまでもこのジンベの先祖の太鼓は、マリのワソロンのほうで叩かれているということです。


スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
昨日は、非公開のジンベのワークショップでした。
ジンベを長く叩いてきたいと思ってくれてる方とのワークです。

月1だけのワークなのですが、本当に気持ちよい仲間が集まっています。

僕が、太鼓を教え始めたころ(7年くらい)からずっと来てくれてる方もいます。
彼女は、途中ブランクもありそんなに叩けるというわけではありませんが、本当に自分の人生の楽しみの一つとして太鼓にかかわってくれています。

かっこよく何でも叩ける人もよいですが、人生に組み込まれたドラミングって本当にいいなと思います。

叩くこと自身が人生の中の楽しみの一つと思えるほどジンベを愛してくれてるみんなに本当に感謝です。

マンデの人たちも人生の中に太鼓とダンスと歌があって人生の節目節目でまたは、日々の暮らしや仕事は厳しいけれど、日常的に楽しむ。本当の意味で文化的で人間的な人生をおくることは本当にすばらしいですね。多分それがジンベのメッセージの一つなのでしょう。

「よし、僕も現実に押しつぶれないよういいドラミングをするぞ!」と決意するのでした(笑) 
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
 タンバクンダで録音した音源をいまだ、繰り返し良く聴きます。セレモニなどは、1度やると3・4時間の録音になるので結構長大なライブラリーです。太鼓のワークの音源などもかなりの量です。
当然全体を聞くということはできないので、気に入ったものを良く聴いてます。

 すごいなと思うのは、ダンスクラスの時に時々、ステップを確認するために軽く2・3台のジンベだけでアンサンブルしている音源があるのですが、これがものすごくよいのです。ジンベのアンサンブルだけで踊れちゃうのです。ドゥヌンが無くても全然問題ありません。2・3台なのでどのようにリズムが絡んでるかもよくわかるし、音量が大きくないのでステップ踏む足の音まで録音されているので(笑)本当に勉強になります。

 日本でアフリカンダンスのワークなど行くと時々「ダンスの主役はジュンジュン。ジンベは飾りよ。」などという先生が時々います。確かにドゥヌンがあるとグルーブがズシッと来ますからそうともいえるかもしれません。でも、マンデの文化において、リズムの中心は、やはりジンベです。

 そういうこともあって、ジンベ2台ぐらいの小規模な編成で「楽しくダンサンブルに喋らすことができないか?」というのが、目下挑戦中の「カ・ン・パ・マ・ベ・ディ」というユニットなのです。なかなか目標どおりには行かないのですが、つまづきながらの挑戦です。

 
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
自宅1
今住んでいる、妻の実家はもうすぐ取り壊す。
ここで作業できるのも今週限りです。

最後に大仕事が入りました。
アブドゥライさんが来る前に、皮が破れてそのままになっていたジンベをなおしてほしいということと、できる限りボディを軽くしたいということでボディのシェープアップ。1.5Kgの減量です。

普段は、あまりボディの削りはやらないのですが、時々削ってほしいという依頼があります。

 ボディの削りは疲れます。特に、削ればジンベ自身の性格が変わってしまうので、よいジンベになるように念をこめて削ります。とりあえず、だいぶ掘り進んで1.5K減量は達成できる見込み

さて最後のジンベはどんな音になるでしょうか
qwert8655.jpg
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
土曜日のライブは、とても楽しかったです。
N’danaのライブはもちろん楽しかったし、dounu ni donもよかったと思うよ。
出演者の皆さん、お客の皆さん、主宰者の皆さん本当によいライブをありがとうって感じでした。

それにしても、Dounun ni don のみんなは本当に太鼓が好きなんだね。
自分たちの人生の中に太鼓があるって感じです。太鼓が「こんなに愛してくれてありがとう」って言ってるみたいでしたよ。

 そして、踊りも好きなのね。Nさんの「私についてきて」発言にはびっくりしましたが・・・。

技術的なことはたくさんありますが、この気持ちよさはいくらテクニックつんでも出せないのでよしとしよう。

 なんか幸せな気分のライブでした。こんなに幸せでよいのでしょうか?て感じです。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
2007年4月14日Dounun ni donのホーム・グランド ラストラーダでのライブ。

N’DANAの前座ライブでした。最後に無理に山北さんを引っ張り出して踊ってもらったりでなかなか盛り上がりました。

そのままのテンションでN’DANAのライブ中は踊りっぱなしでした。
気持ちのよいライブをありがとう。

Dounun ni don
ドラム  ユキオ ヒデ サナエ ミチコ ピカチュウ
ダンサー ナオ アベ チエゾウ クロ ユキオ ヒデ サナエ ミチコ 
special thanks N'dana

0414ライブの音源

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
皆さんは、「戦争のつくりかた」という本を知っているでしょうか。
WEBでもhttp://smile.hippy.jp/ehon/index.htmで読むことができます。

ホームページからは感想文なども読むことができる。

**

「国の仕組みや決まりを少しずつ変えていけば、
戦争しないと決めた(日本の)国も、戦争できる国」になることを短い文書と絵で書かれています。

この本が書かれたのは、3年前にかかれました。

恐ろしいことに、ほぼ書かれているとおりに事が進んでいるということ。現在は、最終章近くまで事態が進んでいます。

レシピどおりに戦争のできる国ずくりが行われているということになります。

 レシピから遅れているのは、教育関係。でも改憲されればすぐです。
「人の命が世の中で一番大切だと今までおそわってきたのは間違いになりました」というのは、決してオーバーではありません。


その最終章の幕開けは、今日にも採決されようとしている「改憲手続き法案」(国民投票法案)だ。わずか55時間の国会審議で採決しようとしている。きちんと議論をしないのは、国民にその重要性を悟られないうちに決めてしまおうということだろう。その中身もさまざまな問題がある。一番の問題は、国の憲法を改正する投票に最低投票率が定められてないことにある。これは、有権者の1割から2割の賛成で大事な憲法が改正可能なことを示している。

賛成でも反対でも、もっと時間をかけて審議してほしいと思うし、たくさんの人に今の平和のあり方についてよく考えてほしいと思う。

本の最後の結びは

「私たちは、未来をつくりだすことができます。
戦争しない方法をえらびとることも。」
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
きのうの「すあらばぐーす」のワーク前半は人数が少なく、ジンベ2台の世界でした。(笑)たくさんのジンベでのアンサンブルはとても楽しい。ドゥドゥンが入るともっと楽しい。

さなえさんとジンベ2台だけのアンサンブルでライブをいくつかやってきたからできることなのですが、ジンベ2台だけでもかなり楽しくできるのです。どう楽しむかについては、文字で書き表すことができない。以外に単純なところにヒントがあるようです。

僕は、あらためてジンベって、メロディーの出る楽器だと再認識です。

2台で同楽しめばよいのか、気の合った仲間同士で試してみてください。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
最近、僕にとって大事な人だなと思う人と話をするのがとても楽しい。別に特別なことを話すわけではないのですが・・。

一番大事な人といえば妻(ということにしとこう)
買い物に行って「このマグロおいしそうじゃない?」「僕としては、今日はカツオの気分なんだけど・・・」みたいな会話でも十分楽しく感じる。

 いったいどういうことかわかりませんが、そんな程度で幸せを感じてしまいます。

 ジンベも音を出すだけでうれしい。いつもの仲間とならなおうれしい。なんか、初めてジンベを叩き始めたころに戻ってる感じです。みんなと一緒に叩ける幸せ。そんな幸せがづっと続くといいのにと思うこのごろです。

 
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ererdfssf45668789.jpg


太鼓作りのワークもご希望に応じて行います。予算などはご相談ください。自分で皮を張った太鼓は、本当にかわいいものです。

カービングされたボディにヤギ皮を張ってMY太鼓を産み出すワークショップを行いました。
ヤギ皮を剃刀でじょりじょり剃るのも大変。ロープで締めるのもちょっとコツがいります。でも根性と愛があれば(?)何とかジンベが誕生します。

今度の日曜の「すあらばぐーす」のワークまでには、皮も乾いていることでしょう。きっと良い音が出ると思います。

eerthfghjtkuyi88756.jpg
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。