西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
まだまだ、戦後処理的な段階で、新しい明日を探すという復興まで行き着かないのですが
徐々に売っているものも増え、開けるお店屋さんも増えてきました。

明日はまだ見えなくても、一日一日良いニュースがすこしずつ増えてくる実感があります。

しかし、その復興に向けての高揚感に水をさすのは、
福島原発の事態だ。

放射能汚染の広がりがとまらない。
水・野菜・牛乳・土壌・海。

あれだけの地震と津波で炉心が残っているということは、大した技術だと、いっている学者先生たちもいる。

しかし、もれないから安全と宣伝していた原発の放射能は、まき散らされている。しかも残った炉心を安全にすることができない。

やはり、原子力発電所とは、まだまだコントロールが出来ない、不完全な実験施設だ。

これ以上、原子力発電施設はいらない。
原発については、原発はクリーンエネルギーだとか、経済の発展に欠かせないとか、電力需要のために必要だとか、コストが安いとかいろんな理由で賛成する人がいます。仮にその理由が100%正しいとしても、何か事故があるとかなり広域な周辺の人達の人生が狂ってしまうものは、必要なのでしょうか?「尊い犠牲と」切り捨てられるのでしょうか?


この事故は、震災の救援活動の足かせになっている。
原発がある地域を管轄する双葉署では行方不明者が1539人で、死亡確認は12人にとどまっている。
昨日の新聞に「遺体からの放射能が強く収容でず、外に置きっぱなしになっている」一体の遺体についての小さい記事が載っていた。

東京電力は、福島原発周辺の補償だけではなく、被災地域全体に補償しなければなりません。
ニュースだけでも、本来報道されなければならない震災報道が、この事件のために報道されていない。

この事件の解決のために、政府も大きな力を注ぎ込まなければならないわけで、こんなことがなければもっと震災救援がスムーズにいっているのではないだろうか?

どうかこれ以上の事にはならないで欲しいと願うばかりです。
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
2011年3月27日 あしょか
震災後 太鼓の初めてのワークショップ
あの狭い2階に14人集まりました。

当然みんな被災者・・・
家傾いた人、屋根が崩れて星空見える人、風呂釜壊れ風呂に入れない人
さまざま・・・。

生きて再開できて本当によかった。

こういう時は、宮城の太鼓叩きの共通言語、ティリバと相場が決まっているわけです。

みんなが心を開いて場を作っていく。

こういう時だからこそ、楽しさを自家発電。太鼓は、それをサポートしてくれる。

「今日もよく笑ったなぁ」とみんなが口にして帰ってくれた。

きっと参加者の周りから楽しさが感染していくに違いない。

参加書の皆さん 本当に有難う。

来月のアショカは4月10日 4月24日の予定。
桜が咲くね。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今回の震災で役に立ったのは、
地元の商店。全国チェーンのお店は、なかなかひらかなかった。そして長蛇の列。
地元のお店は、自らも被災者なのに対応が早かった。並ぶことは並んだが、1時間以内ですんだ。
ほんとうに助かった。大きなスーパーもだいじだが、小回りのきく個人商店はこういう時に役に立つ。シャッター通りを増やすのは、災害対策上も良くない。少し高くても地元商店でも買い物をしよう。
その一方、「街の災害ステーション」を自称していたコンビニエンスストアーは全く役に立たなかった。
ここ数日ようやく店が開くところも出てきたが、以前しまったままのところが多い。

役に立つと思っていた携帯電話が殆ど駄目だった。
震災直後数時間は、バックアップの電源のおかげか通じたが、次の日から約1週間電波が圏外だった。どこの社でも同じような感じであった。
当然、インターネットもメールも1週間、役に立たなかった。
親戚や近所の人など、リアルなネットワークがとても役に立った。

地元のTBCラジオが途中から聞こえなくなった。電源の制限で出力を落としたからだと思うが、仙台から離れた我が家では、突然TBCラジオの電波が聞こえなくなった。
情報源は、新聞とラジオだけだったのでかなり心細かった。
地元の新聞が震災の次の日から配達されたのには驚いた。唯一画像の情報だった。その1面の写真で初めて今回の震災の本当の重大さがわかった。新聞はとてもありがたい。

近所の農家さんにはとてもおせわになりました。
田舎なので井戸を持っている農家も多く、水を分けてもらいました。また、農産物が出荷できないのでいろいろ野菜をいただきました。

今までの日本社会は、効率的かどうかで経済的な存在を取捨選択する風潮があったが
いがいにこういう災害の時は、非効率的と言われ負け組に属する者のほうが概ね役に立ったようなきがする。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
今、被災地に一番必要なものは、
ガソリン、燃料です。

いまだ、電気も水もガスも通っていない地域がいくつかあります。
そういう厳しい被災地域もありますが、被災地全体にガソリン、燃料が必要です。

多くの地域では、ならべばガソリンが給油できるようになってきました。
しかし、5時間・6時間です。体の弱い人、や社会的弱者の人たちこそ、車が必要なのに、彼らは無理です。

それだけではなく、介護のヘルパーさんや病院の職員の皆さんなどの福祉関係で働いている人たちはガソリンが給油できずに通勤ができないという事態も日常化しています。

状況が厳しくない被災地でも、
震災から2週間近くたち、体の弱い人達は限界に来ています。命の瀬戸際に来ています。
せっかくあの震災から命が助かったのに、ガソリンがないために医者にみてもらえなかったり、厳しい地域では入院病棟が氷点下だったりするところもあるようです。

いろんな救援物資が必要ですが、
日本中から、ガソリンやガスの煮炊きセットなど一時的でも集中させるとい言うことができないのでしょうか?

私の住む涌谷町は、一昨日水道が開通しました。電気・水道とようやく使えるようになりました。
震災後初めてお風呂に入りました。やはり風呂は良いです。家族5人入ったら垢だらけになりました。私の次男の小学校の体育館は震災で痛みがひどく、中学校の体育館を借りての卒業式でした。長男は、ようやく高校入試の発表が行われなんとか高校生になれることに。中学も高校も新学期は4月下旬ということ。少しずつ明るいニュースも増えてきました。saigai5.jpg

写真は、卒業と合格祝いで息子たちの好きなスパゲティ。肉なしトマトソースですが、玉ねぎを時間かけてローストして、トマトの缶詰、バジルソースを加えて煮込んだ手作りトマトソース。
スパゲティは、水を沢山使うので今の状況下では贅沢な食べ物。スパゲティは圧力鍋で煮ると時間も水も少なく美味しくできます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
東北関東大地震でも亜色処(あしょか)は無事です。こんな時だからこそ太鼓をたたこうということになりました。
みんなで、心のビタミンをわけあって増やして震災や原発の事故にまけないよう頑張る力にしましょう。

参加する方は、ゆきお(070-5622-4103 yukio@ca.mbn.or.jp)かお店に(022-267ー2282)電話かメールいただけたらと思います。付近の駐車場も機能しているということです。

2011年3月27日(日)

21時00~22時30分 ドラムクラス1

 

 会場代500円+カンパ
太鼓レンタル500円 


場所・連絡先 亜色処(アショカ) (旧すあら・ばぐーす)まで宮城県仙台市 青葉区一番町2-3-28 壱弐参横丁(いろはよこちょう)(中央市場) Tel:022-267ー2282
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
福島原発の事態は、小康状態のように見えますが、放射能汚染の被害は確実に広がってますね。
なによりも、人の心まで汚染してしまうようで福島県から来たという理由だけで泊めない旅館もあるとか・・・・

目に見えないもは、やはり恐ろしい。
恐ろしいが、避け用がない。
現実的に逃げる手段もなければ、場所もない。放射能避けのレシピがあっても材料もない。

***

人間の命は、結構しぶとい。こんな状況でも・・という環境でも生きるちからをもっている。瓦礫の中で9日間生き延びたおばあさんと孫のように。しかし、ときとして人間の命は、はかない。こんなことで?と簡単に死んでしまうこともある。

それならば、万が一原発で何かあっても、最後までおどって、太鼓を叩いていきたい。そんなことを仙台のダンサーと電話で話していたら肝が座った。

日々やりあげることを一つ一つ積み重ねていけばいい。

それがきっと復興につながるし、万が一のことがあっても何かにつながる。
そう思った。

***
今日は、カレーライスを作りました。
肉が手に入らないのでパイナップルの缶詰のパイナップルが肉の代わり・・・。
玉ねぎと無臭にんにくを時間をかけてとろ火でローストして、ジャガイモを圧力鍋で別ゆでしてとちょっと贅沢しました。
かなり美味しい・・・ saigai4.jpg
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
なんというか・・3題です。
●何というか・・・1題目

涌谷町では、いま、ガソリンスタンドにガソリンがない。古川まででれば国道沿いガソリンを販売しているようだが リッター200円以上のところもあるということ。買えるだけまだいいということが・・・平均4時間待ち

●何というか・・・2題目

今回の東北関東大地震は、本当に言葉が詰まる事態で
まずは私の友人のブログをよんでほしい
http://soundyukki.exblog.jp/15682487/
石巻の沿岸部は本当にすごかったようだ。

地獄絵というかなんというか・・・

災害に備えて(富士山が爆発するとか??他の地震が誘発するとか??)と、慌てて買いだめに走っている人もいるようだ。
もし本気で災害対策をするつもりなら、ご近所さんとできるだけ仲良くなることだ。
今回の震災で本当に近所の人に助けてもらった。水やら、食料など・・・。
被災した当時は、どれだけ大きな災害かよくわからなかった。携帯も繋がらなくなるし、地元のTBCラジオも途中から電波が届かなくなりました。NHKラジオは、途中から福島原発報道一色になるし
多分被災して2・3日間は、TVなどで被災してない地域の人達が一番被災地のことを知っていたに違いない。そういう中での近所付き合いというのは心強いものがある。

●何というか・・・3題目
たくさんの人が被災地に心を寄せて義援金を送ってくださってます。ほんとうに嬉しいことです。
今朝のニュースでは、1週間働いたお金を送ります。という中国の青年のインタビューがあった。(1週間働いて日本円で1200円)ほんとうに嬉しい。
その一方、この災害を投機の対象にしか見ることのできない、「世界のお金持ち」復興で円が必要になるから今のうち円を買うということで円高。円高の差益で海外からの義援金も吹っ飛んでしまう。マルクスは、資本主義はやがて人道を踏み外して腐っていくということを予言したがまさにその通り。 世界のお金持ちは、合法的に、義援金さえ自らの儲けのために巻き上げる。

○ぐちばっかり言ってもしょうがない。せめて。食事だけでも少し工夫して・・・
じゃがいもを薄くスライスして、その上に玉ねぎ載せてケチャップにチーズ。鉢植えのバジルの葉っぱをちょっといただき「なんちゃってピザ」

 鉄鍋でゆっくり弱火で仕上げ美味しくいただきました。saigai3.jpg
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
震災の支援は誰にでもできます。「節約」、被災地に少しでも油が回るように、それぞれの生活の中で「節約」に努めていただけるとうれしいです。

余力のある方は、周りに「節約」を訴えて欲しい。

電気の節約、ガスの節約 車の節約 水の節約

一人がほんの少しの節約でも、たくさんの人が行えば大きな節約ができます。

現在、救援物資や義援金はたくさん集まりつつありますが、それを運ぶ車の油がない。どんなにお金をはたいても油が買えない状態です。

灯油があっても避難所に運べない状態です。

給水車は回ることができないので給水所まで水をもらいに行かなければいけません。
給水所から離れているとほんとうに大変です。西アフリカの人は、ポリタン2つぐらいは楽に歩いて運びますが、日本人はポリンタン1つも満足に歩いて運べません。もっとも給水の量は、一人10リットルぐらいの配給ですが・・・

私たち被災者もなるべく節約するようにしてます。(そうならざる得ないのですが)
食器が汚れないようにサランラップを引いて食事をしています。食器を洗う水を節約できます。
トイレも小は水を流さず、大は雪を溶かした水や洗い物で出た雑水で流しています。
ようやく電気が戻ってきましたがなるべく節電です。
被災していらい風呂にも入っていません。

油が被災地の末端まで回るようになれば今の状況は劇的に変わります。
みなさんの生活の少しを分けていただければそうすることが可能です

どうかみなさんよろしくお願い致します。

福島原発のこともあり、放射能からみを守るためのレシピとかいろいろメールでいただいていますが、僕たちは、その材料を揃えることもできないし、逃げることもできない。
しかし、気にしていただいているのは本当にありがたい事です。
結末はどうなるか分かりませんが、現時点では、「被災地に油を」の一点につきます。

被災地に心を寄せてくださる皆さんほんとうに有難う

写真は電気がまだ来ない地元商店での買い物
saigai2.jpg
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
saigai1.jpg
今回の東北関東大地震で被災しました。
とりあえず、家族も自宅も無事です。

地震の起きた11日は、長男の中学校の卒業式で
家族揃っていました。

被災した直後から電気も水も電話も携帯も繋がらなくなりました。
街の真ん中に行ってようやくPHSがつながり、最低限のメールを出しました。
その後18日までどの社の携帯も繋がらなくなりました。

本当に多くの方からメールでお見舞い頂いてありがとうございました。


工房の方は、いくつかの太鼓が壊れたりしていますが、ほぼ大丈夫
ただ、仙台に借りている倉庫がどうなっているか?多分かなりのダメージがあると思います。

ガソリンがないので確かめに行けません。

写真は、我が家の近くの建物損害。

毎日家族の食事を確保するのが大変ですが、なんとか頑張っています。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。