西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
あの大地震のおきた11日が目の前。あれから1年

亡くなった方、被災して今なを大変な毎日を送っている方。
普通の日常生活がもどってきて欲しいというのが願いのような気がする。
僕自身は1 1日はなるべく普通に暮らしていきたいと思う。

本当にいろんな人達が被災地を助けてくれた。個人的にはいまの被災地を支援したいと思ってくれるのならば消費税の増税に反対して欲しいと思う。仮設住宅もあと1年しか入れない。これから10年ぐらいは被災地では大金を使わざる得ない。
孫子の代に借金残すなが合言葉らしいが、いまのままでは借金残す孫子もいなくなる。子供を生んで育てられる社会をつくらなければ未来がつながらない。孫子の代に残すなといなら原発の方だろう。

ガレキ処理でもめている。テレビや新聞ではガレキ受け入れに反対する人達を批判している。注意して見ると放射能に汚染されたガレキの受け入れ反対ということだ。もし原発事故がなければガレキ処理はスムーズだったろう。ガレキ処理で批判されるべきなのは電力と国。受け入れを反対する人達を批判するのは電力会社や国の責任を薄めるためのキャンペーンだ。結局放射能を安全にすてる場所はないのだから原発は止めてほしい。

大きな地震はこれからも間違いなくやってくる。それを乗り越えていくのは耐震にすぐれた街づくりでも建物でもない。お互いの助けあいの精神とそれを支える社会の仕組みだ。それこそが災害を乗り越えるだけでなく生物として人間が進化していく道かも。と僕は思ったりする
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。