西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
ジンベは、喋れない。 誰が演奏してもたのしいものにしょうとする。楽しくするのがジンベの使命だから。ジンベにとって気に食わないやつが叩いても、リスペクトがない場で叩いてもその場を一生懸命楽しいものにしようとする。それがジンベの力だ。
 でもジンベはどんどん疲れていく。どんどん疲れていく。すると、いろんな事件が起きてくる。喋れないけれど身の回りにいろんな事件が起きてくるのだ。ジンベは演奏されている以外の時間も常に楽しさを保とうとしている。疲れてくると叩かれているとき以外は楽しさを保つことができなくなる。演奏の時、楽しい音を出すのが精一杯。

 事件がおきる調和が崩れていく。ジンベの力が弱まっていることも周りの調和が崩れていっていることに気がつく人は多くない。ジンベのエネルギーをただ消費する人には、気が付くことができない。そのうち演奏が終わるごとに調和が崩れていくようになる。そういう人たちは、調和が崩れていくことに最後まで気づくことができない。

ジンベが僕たちを楽しませてくれると同じように、僕たちもジンベを楽しませることができれば、ジンベは元気になれる。ジンベは演奏されているときもされてない時も周囲に楽しい時間を保つ力を持つ。ジンベを楽しませる?どうすれば?たくさんのリズムを覚えればよい?良い音が出ればよい?ジンベは、どんなマスタードラマよりリズムを知っている。ジンベは人が演奏しなくてもよい音を出す力を持っている。

人にしかできないこと。リスペクト。太鼓にリスペクト。先生にリスペクト。仲間にリスペクト。親に兄弟にリスペクト。家族にリスペクト自分にリスペクト。

 ジンベはそんな人間関係を見ることが何よりも楽しいようだ。本当に楽しい演奏は、リスペクトを強くしていく。演奏されてない時もジンベはリスペクトを保つ手助けをしてくれる。演奏すればするほど調和が強くなる。それがアフリカン・ドラムだ。

 平和な社会を保つ。武器入らない。軍隊もいらない。ジンベがあればいい。音楽があればいい。そして本物のドラマーがいればいい。ワソロという地域に住んでいた人たちは、はるか昔からそう思っていたに違いない。
スポンサーサイト
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。