西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!



一緒に連れて行った歩君は、子どもながら結構がんばってフィールドワークについてきてくれました。その辺のことは、また書きますね。
日本にいるときはなかなか子どもと踊る機会も無いのでほとんど何も教えていないのですが、結構踊ってくれました。
 しかも、ソロで踊る楽しみを覚えてしまったようです。アブドライ先生のドラムソロが勿論すばらしいからなのですが、教えてないのにちゃんとブレークで動きを変えるし、終わるときはきちんと終わります。きちんとドラムとお話が出来ているじゃありませんか。写真は、アブドライのリードでの歩くんのダンスです。しかし、悲しいことに日本には、アブドライ先生のように綺麗に叩ける人はいないのよ。ゴメンねお父さん修行不足!!最初に一番すばらしい味を覚えてしまったことは、すばらしいことなのですが、なんか複雑な心境。

 もう一つびっくりしたのが、前回極悪ドラマ??(アンサンブルが乱れると喧嘩になりそうになったり、子分を作ろうとしたりして、悪い気をモウモウと出していた。)だった方がすごく丸くなっていい感じになってました。タンバクンダで太鼓の修行をすると人間も良くなるんですね。さすがジェベ・バラです。しかし、まだ油断をすると悪い気が漏れるようでした。(笑)

 西アフリカでは、悪と善は同居しているようです。悪から善が生まれ、善から悪が生まれる。そんな神話がいろいろあるようです。ジャンベ,ジェンベ,西アフリカ,太鼓,ヤギ皮,宮城,仙台,石巻


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
コメント
この記事へのコメント
初めて書き込みいたします
九州は熊本の南、人吉で太鼓を叩いております
708でナオヤと申します
ネットでここを見つけました
マリのジンベやカスンケドゥンドゥン叩きの方に興味があり、今までムサ ケイタさんやシディキ カマラさんやスンガロクリバリーさんのCDを聞いたんですが今一よく判らず、ここでCDを紹介されているのを知り書き込みしました
CDは入手可能でしょうか
ジンベとドゥンドゥンは叩きますがカスンケドゥンドゥンは福岡のフォリカンの方の演奏を一度見たくらいです
2006/03/08(水) 17:02 | URL | 708爺 #-[ 編集]
僕のページで紹介しているアブドライジャハテとアブドゥルドゥンビアのCDについては在庫がございます。

ただし、カソンケ・ジュンジュンではありません。しかし、アブドライジャハテのCDは、とてもドゥンドゥンとジンベの関係をシンプルに分かりやすくなっています。他のプレイヤーのCDと違って飾りが少ないです。


僕は、カソンケのことについては、ほとんどわかりません。

アブドライジャハテの話だとヤギ皮で出来ているものをジュンジュン。牛皮で出来ているものをドゥンドゥンと呼ぶそうです。

ジンベは、マンデの人たちの言葉を喋りますが、カソンケ・ジュンジュンは、おそらくカソンケの人たちの言葉を喋っていると思います。有名なダンサは、カソンケ・ジュンジュンだけのアンサンブルだったものがジンベに翻訳されて広まったものだとも言われています。(カソンケの民族もマンデ系です)

本当に知るには、やはりカソンケのマスターを探し出すしかないでしょう。
2006/03/09(木) 00:23 | URL | 由木尾 #-[ 編集]
ありがとうございます
詳しく教えて頂きありがとうございます
CDはよろしくお願いします
メールいたします
ジュンジュンとドゥンドゥンの違いやダンサの話しなど勉強になりました
ありがとうございました
2006/03/09(木) 11:44 | URL | 708 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://djembe.blog7.fc2.com/tb.php/240-ed4206ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。