西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
「有限の化石燃料を考えると、原子力発電は、将来性がある。」よく、聞く話だ。

これは、これからのエネルギーは原子力しかないという思い込みだ。

地球は、地表近くをのぞくと99%が1000度以上の熱い惑星なのだ。
やがては、長い時間をかけて冷えていくのだが、まだまだエネルギーに満ち溢れている。

日本の太陽光・風力・生物燃料の潜在能力は、今ある原発の総発電量の40倍を越えるといいます。

 環境省は2011年4月21日、風力や地熱、水力発電など再生可能エネルギーの利用可能性について、東北地方(新潟県を含む)では、火力や原子力などによる現行の発電量を上回る潜在力があるとする調査結果を発表した。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13696
添付のPDFを見るとなるほどである。(結構文量があります。)
特に震災の地東北には大きなエネルギーが埋蔵されていることがわかる。

日本は、エネルギー資源が乏しいというのも思い込みということになる。

再生可能なエネルギーには、僕達が知らないユニークなものがまだたくさんある。
そのひとつ、「田んぼが燃料電池になる可能性」というのもある。
http://wiredvision.jp/blog/yamaji/200909/200909091701.html

思い込みは、良くない。

そもそも「原発は、安全だ」という思い込みは、50年前にアメリカが「軽水炉の安全性は実証済み」と日本に売り込んだのが発端。(当時、アメリカでも軽水炉の実用炉は、建設中のものしかなかった)。国や電力会社は、当時の原子力研究所に、軽水炉の安全性を研究まで禁止してまで、安全でないものを必死で安全だと思い込もうとした。
 安全で将来性のあるエネルギーは、原子力しかないという思い込みに至る。

 そうまでして思い込もうとしたからにはいろいろ裏はあると思うのだが・・・

 現実には、いろんなエネルギーの可能性がある。

 話は、全く変わるが
 日本における米兵の「公の催事」での飲酒による飲酒運転の事故は、「公務中」というあつかいだそうな。
アメリカが日本を守っているという思い込みもそろそろ卒業しないといけないかも。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://djembe.blog7.fc2.com/tb.php/638-10db4e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。