西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
【仙台昼の部】マリまみれ!TNSプリゼンツ・マリのダンスと太鼓in南トーホグ
に参加協力していただいた方々ありがとうございます。

サム助さんのドラムクラスでは、Abdoulaye Diakité(アブドゥライ・ジャハテ)のCDtambacounda dounu ni donに入っているマンジャニのフレーズ
http://www.earthcds.com/africa/west/senegal/senegal-tambacounda.shtml
もしくは
https://myspace.com/jebebara/music/songs
サンプルで聞けます。
このサンプルに入ってるソロフレーズ90分やってしまうという暴挙?には恐れ入ったが、フレーバも含めてCDを通してだがアブドゥライさんから真摯に学ぼうとする姿勢には本当心打たれた。サム助さんナイス・りペクトです。

マリまみれなのになぜセネガルという声も出そうであるが、そもそも国境で線を引いてジャンル分けするのには無理がある。国境という意味では、国という概念がこの地域にできた時は、そもそもセネガル・マリ・ガンビアは一つの国でした。いろんな事情があって3つに分かれたわけです。
 セネガルのタンバクンダは、現在のマリにもギニアにもとても近くです。今は、そういう区分ではありませんがむかし、タンバクンダはワソロ地方だったそうです。そういう意味では、いわゆる昔のマリ風味の音楽とダンスが色濃く残っているところなのです。
 タンバクンダの音楽は、本当に素晴らしい。心にも体にも優しい。

ワークの後、いろいろ考えてたら思い出したのだが
アブドゥライさんは、今まで聞いた、マンジャニのなかで唯一、ラージ・カマラのマンジャニが良いマンジャニーだったといっていた。カマラさんは、アメリカに移住したのだがカマラさんのドラミングを継承した人は誰もいなく、彼がなくなったときアブドゥライさんはショックを受けたと話してくれたことがありました。アブドゥライさんは、アフリカの人がのちに勉強できるようにとCDを作ったという話もしていました。

 話がながくなってますが、(笑)このCDのマンジャニのドゥヌンをたたいているのはスス(民族)の柄の大きな人で、力が有り余ってる??ような人なのですが、アブドゥライさんが係るとそれが、グット・フィーリングにかわるのがすごい。ジンベの力、調和の力ですね。
 
 ダンスクラスは、スヌ。バマコスタイルですね。スヌは、いつも踊っているスタイル・フィーリングと全く違ってたので、新しいリズムを習っているような気分でした。でもそれが、西アフリカの音楽の奥深さを感じさせてくれて良かったな。

サム助さん 加藤たくみさん 加藤日光さんどうも本当にありがとうございました。
参加者の皆さんまた、お集まりください。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://djembe.blog7.fc2.com/tb.php/682-6e6ce022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。