西アフリカの音楽と文化を紹介します。よい音のジンベもたくさんあります。ショッピングカートのほうもよろしく。

心に響く、よい太鼓がたくさんあります。ショッピングカートにどうぞ メール

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
セネガルの中?にある国ガンビア
独立当時は、セネガル マリ ガンビアと一つの国であったが
ガンビアは英語圏(イギリスの植民地だった)のため独立した。

よくわからないが、本によっては、軍隊のない国の一つに数えられている。

ルーツのクンタ・キンテの故郷だ。
面白いホームページ発見。
http://www.onegambia.com/videos.php
杭打ちのジンベかな?よく見えないので解らないが、雰囲気はある。

音楽的にはマンデインゴの香りがプンプン
プレイリストをクリックして他のビデオも見るべし

他のページにはスピリットの説明と動画などもあり面白い
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
treg@pnhl.jpg
ようやく中心の穴が大きく貫通しました。なるべく真ん中に開けておかないとうまく綺麗に太鼓の中が削れません。
特にジンベは、真ん中にクビレがあるので中心が決まらないとクビレの部分を決めることができません。

 そもそも、大昔はそんなに太鼓の直径も大きくなくクビレもそんなにハッキリしていなかったようです。カザマンス地方のブカラブの形がかなり近いとおもいます。推測ですが、クビレは打面のリンクをヒモで引っ張ってテンションを掛けるようになってから発達したように思えます。今のジンベの形が西アフリカで用いられる臼に似ていることからうすのそこが抜けたものに皮を張ったのが起源であるという説もありますが私は、否定的です。

 元々は、ジンベも杭で皮を留めていました。杭打で止める太鼓の利点は太鼓の胴なりが最大限得られるということにあります。テンションもそこそこかけられますが、今のリンクで引っ張るシステムに比べれば緩いです。その緩さをカバーするために火でアブって皮を乾燥させてプレーをするという事があります。焚き火のできる西アフリカならではですが、焚火で温められた太鼓は(温めると言うより本当にアブルというのりなのですが・・・)最高に音が良いです。

IMG_20120215_111504.jpg
 現在のリンク式は、アブル必要なく高いテンションを保つことができます。しかし、その代償として胴鳴りが弱くなってしまいました。うまく作らないと皮の音しか出ない太鼓になってしまいます。パキパキとしか言わない太鼓ですね。そうならないためには、どうすれば良いのか?これは皆さんへの宿題にしておきましょう。

中心が決まったので、クビレの部分を深くしていくことができます。写真ではまだまだ絞らなければいけないのですが、だんだん形になってきましたね。当面は太鼓の中をどんどん掘っていきます。外側の出来上がりと音の膨らみをイメージしながら太鼓の中を削っていきます。中がストンとすぼまっていくのではなく、膨らみのあるワイングラスのようにどうの中を球形に近くしていきます。手斧の使い方も掘るのではなく、削るという使い方に変えていきます。中をかき出す感じで削っていきます。当然刃の研ぎの角度も変わってきます。

まだ重さが27Kgもあります。なんとか10k以下にしたいのですが、欲を言えば8k未満。ダイエット達成できるでしょうか?


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
IMG_20120119_151251.jpg
ゆっくりと太鼓づくりを進めています。
そろそろスタイルを決めていかなければなりません。
ジンベの場合は、くびれになる部分をどこにするか決めることによって
ボディーの形を決めていくことができます。
ボディのかたちの考察については後日

アフリカの工房での太鼓の作り方を見ていても、まずくびれの位置を決めて底を深くほることから
シェープが始まります。

写真の物はまだまだですね。まだ半分も彫れてないですね。
くびれの部分にチェンソーで溝を掘っておいたので楽にほれます。

中の彫りも同時進行です。こちらもまだ半分も進んでませんね。手斧でガンガン掘っていきます。打面の中心から掻き上げるように手斧で削って行きます。丸太の重さがあるので安定して掘り進めることができます。
IMG_20111231_145255.jpg

両面から掘り進めます。裏側は3枚目の写真の感じ一緒に写っているカンカンには、私特性のワックスが入っています。亜麻仁油と蜜蝋とシアバターでできています。このワックスは素晴らしくよく塗ると木が割れることがありません。仕上げが近づいてきたので木工用ボンドからこのワックスに切り替えていきます。
IMG_20120119_151907.jpg





この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
IMG_20111229_124845.jpgゆっくり太鼓を掘り続けています。
チェーンソー・アートの達人であれば1時間ぐらいであっという間に作っちゃうのでしょうが・・・・。

チェーンソーに限りませんが電動工具は、かなりの騒音が出ます。
必ず、(イヤーマフ)耳栓を着用です。
写真の黄色いヘッドホンみたいなやつですね。

大丈夫だと思っても結構耳にダメージがあります。
僕達は、特に耳は大事ですから、大丈夫だと思ってもつけてください。
耳のダメージは回復すること有りません。特に高い音から聞こえなくなっていきます。
チェーンソーに限らず、電動・エンジンの工具を使うときは必ず着用です。(ルーター・丸鋸)


チェーンソーは便利なのでざっくり切るときは便利。
ただしこの工具もかなり危険度が高いです。
チェーンソーはエンジンでなくとも電気で動く安い奴でも十分写真の物は、何年か前に3000円ぐらいで買いました。ただ、頑丈ではないので壊れる可能性は高い。


刃をよく研いでいつでも切れる状態にしておくのは、安全の上でも大事。
あと、オイルもお忘れなく。意外と切らすことがあるので、作業の途中でもチェック。

太鼓をほるには、冬の季節は最適です。夏は、どうしても乾燥が進みすぎて割れるリスクが高いです。
ただ、室内で保存作業の場合は、暖房の乾燥に気をつけること。
保管は、外のほうが良いかもしれませんね。

安全の上でももう一つ大事なことは、掃除です。
かなりの木屑が出ますが、常に掃除しながらです。
工具が木くずに埋もれているのに気が付かず、踏みつけでもしたらケガのもとです。
マスクもしたほうが良いでしょう。

ともかくケガをすると、太鼓も叩けなくなるので最新の注意!自分に言い聞かせています。

この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
keghg1.jpg
太鼓の木を削るのは、大変だが、普通のノミでもできないことない。やすい電気チェーンソーでを使えばかなり楽です。エンジンチェーンソーのほうが良い気がするが実際にはさほど変わらない。どっちにしろチェンソーは切るのは得意だが穴を掘っていく(突っ切りは)構造的に苦手。チェーンソーの刃研ぎをマスターしないととダメです。刃研ぎは、とにかくやってみる事です。悪ければ切れない。いろいろやって切れる刃研ぎを覚えるしかありません。

チェーンソーや、木工旋盤で削る太鼓とのみや手斧で削るボディーは音が違う。のみや、手斧は木を打ちつけながら削っていくので木の表面を固めていくそれがよいのだ。機械だと単に表面を削るだけなので表面は柔らかいまま。この差は、意外と大きいのだ。

ツルハシのような、大きな手斧は、西アフリカ製。ジンベをつくる民族ラウベ(日本語表記に自信なし)の人たちのものだ。
こんなものを持って町の中を歩いたら銃刀法違反で逮捕されるのはまちがいなし。昔、砂川さんがえらい苦労してアフリカから持ち帰ったものだ。本物の職人の魂の入った手斧だ。


keghg2.jpg小さな手斧は、新潟で作ってもらった臼彫り手斧(うすぼりちょうな)。小さな手斧だが刃はとてもキレる。手斧がなくてもノミでほることは可能だが、手斧はほんとうに便利。刃の研ぎ方によって荒堀用にもできるし、仕上げ用にも使えるということだ。うまく使うと仕上げのサンドペーパーを掛けなくても良いほど綺麗に仕上がる。刃の研ぎは、これも失敗を恐れずいろいろやってみる事だが、ひとつだけやってはいけないことがある。刃裏を研いではいけない。砥石は、ダイヤモンド砥石が便利。値段は高いが目の玉が飛び出る程ではない。2万円出せば十分お釣りが来る。アフリカだけでなく全世界にこの臼掘り手斧と同じものが存在する。木を削って器みたいなものを作る道具は必然的にこの形になるのだろう。この手の手道具は日本がピカ一。切れ味使いやす共に素晴らし。残念なことにこの手の道具を作れる人は、すくなくなった。

 ただこの手斧、道具の中では、最も危険。刃を常に自分に向けて削るので、振り下ろした刃が体に当たると切り傷だけでは済まない。骨まで砕けることもある。最新の注意が必要。


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!

IMG_20111123_150312.jpg

最初の難関は、太鼓の筒を開通すること。太鼓の中心となるところに両面から掘り進めます。この軸がブレると太鼓の形をきれいに削るのが難しくなります。これがうまくいくと打面と足の円をきれいに書くことができます。
ジンベの場合特にクビレがあるので真ん中が切れに決まってないと綺麗な形をシェープできません。

最初太鼓の打面の真ん中を決めます。打面側をおわん型に掘りながら真ん中を掘り進めます。いわゆる、突っ切りという作業になるわけですチェンソーの最も苦手な作業になります。この作業は、手斧(ちょうな)のほうがはるかに楽。ある程度掘ったら、チェンソーでなるべくまっすぐ突っ切ります。


IMG_20111207_112354.jpg
難しいのは、足側の真ん中を見つけること。当然打面の真ん中とあわなければいけません。足側からある程度ほったら10ミリの鉄棒を真ん中と思われるところに合わせて金槌で叩いて打面側の真ん中に貫通すれば良いわけです。しかし中心がづれていれば、開通しません。ちょっとドキドキの作業

見えますか?光が・・・開通です。
みごと、ど真ん中鉄棒が串刺しです。とりあえず、第1関門突破。このあとは、ほとんど手斧による手作業になります。
IMG_20111207_112441.jpg
IMG_20111207_113105.jpg








打面側をある程度
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
IMG_20111121_113051.jpg
なんとか家にケヤキの原木を持って来ました。
結構大きいでしょう。一人では持ち上げられません。転がしてなんとか移動できます。

少し大きいので余分なものを切り落としました。小さな太鼓ができそう。端材の有効利用。貴重な命ですから

IMG_20111130_145121.jpg


IMG_20111121_114947.jpgボディーのシェープに入るわけですが、そのままだと乾燥が早すぎて木が割れてしまいます。乾燥をコントロールしながら木を削っていかなければなりません。うまくコントロールできると生木でも太鼓が作れます。



一番手軽なコントロール方法は、木工用ボンドを塗りたくる。初期の段階では一番これが手軽で確実です。











この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
先週(2011年11月20日)、友人の「和気合」さんが仙台市からゆずりうけたけやきの 木を切りにいきました。
IMG_20111120_155004-1.jpg
「和気合」さん、この木の保管乾燥の為に土地を購入かうほどの熱のいれよう。

このけやきの木は仙台の中心街にあおば通に街路樹として生えていました。



けやきは仙台のシンボルの木でもあります。「この木を太鼓として命を吹き替え、植えられていた近くで演奏をしてみたい。」と「和気合」さんに夢を語られ、ーにも二にもなく夢に乗せてもらうことにしました。
とりあえずー台ジンベを作って和太鼓を2つぐらいという計画。

******
ケヤキ原木


数年ほったらかしにさ れていたので、心材の周りはかなり柔らか。
かぶと虫やクワガタの幼虫、アリのコロニー、やすでやらなにやら....いろんな虫たちのすみかになっ ていました。 もうしわけないと思いつつ、御退去いただき心 材になるまで削らさせていただきました。芯材の周りは、フカフカで暖かそうでした。こうやって木は、土に帰っていくのですね。

太鼓には一本の木、一頭のやぎだけではないのですね。木に住んでいた動植物たちの数百 数千の命がつまっていることを感じました。

keyaki2.jpg
さてどのように木を使うか思案のしどころです。写真に写っているのは、和気合さん

keyaki3.jpg

なんとか木を切り出しました。とりあえず、持って帰れるように周りをチェンソーで削って芯材にします。この時点では、一人では木を動かすことのできない重さ。
keyaki4.jpg

ようやく何とか一人で転がせるぐらいの重さになりました。二人がかりで車に載せて今日は時間切れ

朝から昼ご飯を食べるの忘れるほど熱中しての作業でした。和気愛さんお疲れ様でした。


この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
まいりました。

なにが・・・って

腰を思い切り痛めてしまいました。
調子がわるいなと思っていたのですが

柳田さんのドラムとダンスの特別講座最終回だったのに
その途中で(最初で)手が上がらなくなりました。

なんともならず、リタイア。

みんなのドラムとダンスを4時間近く、介抱されながら横になって
見学してました。いや、半分寝てました。
ソセネで仰がれた人は、こんな感じだったのか??

なんとか家にたどり着き4日間寝たきり生活。
こんなに寝たのは3.11以降初めてかも

ようやく寝返りもうてるようになり、人の手を借りずに生きて行けるところまで回復。

それにしても参りました。腰痛には降参です。
この記事を人気blogランキングに投票してくださいね。さて、今何位でしょう Click!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。